西川貴教が二回り下女性との再婚を決めた「本当の理由」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
再婚発表直後に西川を直撃! 本誌がプレゼントしたシャンパンを片手に、奥さんとのなれそめ等を語った

どうりで気合が入っていたわけだ。

2年前、本誌は『T.M.Revolution』西川貴教(49)と美女が、都内屈指の高級イタリアンからの有名スパ→ラグジュアリーホテル―という極上デートを目撃。そのお相手こそ、この度、西川が再婚した元フリーアナウンサー(26)だったのである。

それにしても―’02年に離婚して以降、18年間も独身をこじらせていた西川がなぜ、このタイミングで再婚に踏み切ったのか。都内で本人を直撃すると、意外な事実が明らかになった。

――おめでとうございます。

「フライデーさんには、ずいぶんお世話になりましたね」

――当時、本誌の取材には「ただの知人です」「再婚なんて全然ない」などと交際を否定されていましたが⁉

「いや、実は最初から結婚前提だったんですよ。それが、お付き合いが始まってまだ間もない段階で撮られて……。彼女の御両親にはゆっくり御挨拶させていただこうと考えていたのに、あの記事が出たおかげで……話をややこしくしたのはそっちですからね(笑)」

本誌記事を読んだ彼女の親御さんが、「娘が世間を騒がせた」として謝罪。同時に「そもそも西川とは誰なのか?」「交際の挨拶もない」と怒りの声を上げたのは、知る人ぞ知るエピソードだ。

――すいませんでした。

「普段からテレビなどをあまりご覧にならないご家庭みたいで……僕のことを素でご存じない感じでした(笑)。それで僕の名前で検索をかけたら、過去の記事が出てきて『既婚者なんじゃないか』と誤解されていたみたいで。でも、フライデーの記事が出た後すぐ、僕の舞台を観に来ていただく機会があって、そこできちんと御挨拶させていただいて誤解は解けました。ずいぶん打ち解けて、ご家族と一緒に旅行したりしましたよ」

ラジオ番組で彼女と知り合ってから3年。母の3回目の命日と、自身が50歳を迎えるという大きな節目に、西川は再婚を決意したのだという。

「彼女は残された僕の父や祖母の面倒を献身的に看てくれる。直接、連絡を取り合って、必要とあらば僕の地元の滋賀に行って、入院の手続きまでしてくれる。もともとスポットライトの当たるところにいた人ですけど、周囲への細かい気遣いのできる、頼もしい存在です」

彼女は是が非でもお願いしたいくらい、理想的なお相手だったのである。

 

9月4日発売の『FRIDAY』最新号では、西川貴教が美人妻と高級イタリアンでデートをするツーショットを掲載している。

詳細が書かれた本誌記事はコチラ

  • 撮影山田宏次郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事