木下優樹菜 インスタグラム再始動で見えた「捨てきれぬ未練」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
昨年末にフジモンと離婚した木下優樹菜。芸能界引退をしたのだが……(‘09年)

《木下組のみんなへ♡会いたいとずっとずっと思ってくれていたりずーっと優樹菜を想ってくれたり動画を作ってくれたりしてくれて見ました》(原文ママ)

9月1日、芸能界引退を発表したばかりの木下優樹菜がインスタグラムのアカウントを新たに開設した。

木下といえば、あの“タピオカ店恫喝騒動”を発端に芸能界で居場所がなくなった上、サッカー選手との“縦読み不倫”疑惑などで世間を騒がせた。

そしてお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と昨年末に離婚を発表。その後、7月1日には芸能活動の自粛を解き、再始動しようとした矢先、再びアーティストとの不倫疑惑が飛び出しその5日後に急転直下の芸能界引退発表となった。

「木下さんは以前インスタグラムのフォロワーが500万人を超える日本トップクラスのアカウントを保有していましたが、事務所を辞めたことでそのアカウントを引き継ぐことができなくなりました。またイチから個人でアカウントを開設したようですね。インスタのプロフィールにはTikTokのアカウントも紹介されており、今後はこちらでも活動していくようです。今回の件については、前事務所はまったく関知していないようです」(芸能リポーター)

以前の巨大アカウントでは企業のPR案件も多く、インスタで商品を紹介することで木下ほどのフォロワーがいると莫大な広告料をもらえていたようだ。新設のアカウントで投稿した内容は、友人の子供を抱いているものや、編み込んだ新ヘアスタイルなどを載せた、他愛もない普段の木下の様子だが、コメント欄には温かいファンからのメッセージが多い。

しかしある関係者は違和感を覚えているという。

「旧アカウントの時もそうでしたが、木下さんのフォロワーは、とても木下さんのことを知ってそうにない外国人や、投稿もまったくないような実態のない人たちが山ほどいたんです。企業案件の広告料はフォロワーの数で大きく変わるので、フォロワーを買収して水増ししているのではないか…という疑惑がありました。

そして今回のアカウントはまだフォロワーは少ないですが、どんな人か見てみると、やはりまた投稿がまったくない人や、あったとしても内容を非公開にしている人が大半なんです。確かに木下さんのファンは戻ってきて歓迎している人も多いとは思いますが、本当に実態があるアカウントなのか疑問ですね。もしかしたらまたインスタで商売をするために何か作戦を練っているのかもしれません」(芸能プロ関係者)

ちなみにインターネットで『インスタ フォロワー購入』と検索すれば、そういう商売をしている会社は数多くヒットする。世間ではごく普通に知られている手法のようだ。

元夫の藤本とは同じマンションの階数違いの場所に住み、子供の面倒などは頻繁に見てもらっているようだが、金銭面では、すべて藤本に頼るわけにもいかず、確かに母として稼がないといけないだろう。

「一度芸能界で甘い汁を吸った人間は、これほどやりやすい商売はないと実感しています。木下さんはこれからどんな商売をするにしてもインフルエンサーとしてフォロワーを増やすことが、ビジネス成功の必須条件になります。ZOZO前社長の前澤友作氏などが現金をばらまいてフォロワーを増やしているのも、ある意味ではそういうことでしょう。地味な仕事など毛頭する気はないでしょうね」(同・芸能プロ関係者)

木下がインスタを開設した翌日は、あのタピオカ店オーナーが木下優樹菜を相手に損害賠償請求をした、第1回口頭弁論が東京地裁で開かれている。“タピオカ問題”が解決した暁には、華々しく芸能界復帰することを目論んでいるのかもしれない……。

  • PHOTO桑田真

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事