菜々緒「炎天下」でもハードに映画撮影のプロ根性

目撃!ハリコミ24 <台場 10時35分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
うだるような暑さの中、自ら日傘を差して休憩する菜々緒。数分後、再びハードな撮影に臨んでいた|

9月に入ったというのに、真夏のような日差しが照り付けるとある日の朝。お台場(港区)の商業施設の近くで、紫色の特攻服を着た女性エキストラが大勢集まっていた。その中心には、同じく特攻服姿で、何か叫んでいる長身の美女が。菜々緒(31)ではないか。どうやら、映画の撮影のようだ。

この炎天下に分厚い特攻服がさぞかし応(こた)えるのだろう。菜々緒はカットがかかるたびに自ら日傘を差すが、表情は険しい。それでも、懸命にセリフを叫び、あまりの迫力に、近くを通るカップルが驚いて二度見するほどだった。

「菜々緒はスピリチュアルなものへの興味が強くて、昨年末、南米に行き、浄化の儀式を受けてきたそうです。なんでも、木の皮やアマゾンに住むカエルの毒を抽出したエキスなどを使った儀式なのだとか。本人は、マイナスのエネルギーを浄化できたと喜んでいました」(芸能プロ関係者)

暑い中でもバテずに頑張れるのは、浄化の儀式のおかげなのか!?

『FRIDAY』2020年9月25日号より

  • PHOTO榎原優美

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事