瀬戸康史 映画舞台挨拶後「愛の巣」へ帰宅

目撃!ハリコミ24 〈有楽町 19時55分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ファンからの差し入れか、紙袋を両手に持ち、会場から出てきた瀬戸康史。足早に愛車に乗り込んだ

公開10日で興行収入10億円を突破し、大ヒット中のホラー映画『事故物件 恐い間取り』。8月下旬、有楽町の映画館で行われた公開前日の舞台挨拶には、主演の亀梨和也をはじめ、出演者が登壇。その中に、瀬戸康史(32)の姿もあった。

夜8時前、舞台挨拶を終えた瀬戸が関係者出入り口から姿を現した。さすがスタイル抜群の瀬戸。短パン&ソックス&スニーカーという〝ザ・休日のオヤジ〟になりがちなファッションをカッコよく着こなしている。

「瀬戸は先月、女優の山本美月と入籍したばかりの新婚さん。山本は料理好き、瀬戸は掃除好きなので、家事は分担してやっているそうです。また、二人ともインドア派で絵を描くのが得意。自粛期間中は自宅で籠(こ)もってイラストを描いたり、『あつまれ どうぶつの森』をやって楽しんだのだとか」(芸能プロ関係者)

瀬戸は、愛車の運転席に乗り込むと、すぐに映画館を後にした。帰路を急ぐのは、愛妻との最高のおうち時間が待っているからなのだろう。

本誌未掲載カット 瀬戸康史 映画舞台挨拶後“愛の巣”へ帰宅

『FRIDAY』2020年10月2日号より

  • 撮影西 圭介

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事