動画で謝罪連発…華原朋美「心配になるレベル」の金銭・仕事感覚

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
8月いっぱいで長年所属した事務所から独立した華原。これからどこに向かうのか……(‘18年)

「悪気があったわけではないんです。ヤフコメのみなさんすみませんでした」

フリーで活動し、最近では毎日YouTubeに動画を投稿している歌手の華原朋美が、9月21日に自身の発言を謝罪した。華原はこの前日、

「口座からどんどんお金が減っていく”として、いざとなれば息子のためにもレジ打ちのバイトや自転車でウーバーイーツの配達でもしようかな」

と明かしていた。これがネット記事になると、ヤフーコメントを中心に批判が殺到したのだ。

《レジ打ちをなめているの?》
《バイトを下に見ているような発言》

という反発が4000件以上書き込まれた。

華原はこのヤフーコメントを見たらしく、翌日に“ヤフコメさんへ”というタイトルの動画を投稿。いくつかのコメントをピックアップしては真摯に受け止め“反省しています”と謝罪した。

「生活水準が高いという批判に対しては反論していました。息子が生まれてからは物欲がなくなったそうで、ブランドものの新作も見に行かなくなったと。ブランド買取りのネットサービスを使い、所有品を売っていることも明かしていましたね。

少し反論はしたものの、コメントにあった“生活力の欠如”という書き込みを読み上げようとすると、“生活力の…うーん、ちょっと漢字が読めない”と言っていました。一般の仕事が本当に務まるのか、と不安の声が上がるのも仕方ないですね」(芸能リポーター)

10代のころから芸能活動一本、波乱万丈の人生を歩んできた華原。やはり世間に出て一般の仕事をするというのは、非常に難しいだろう。しかし難しいのは、本業も然りだという。

「大手芸能事務所を退所しフリーになった華原さんは、連絡先のフリーメールアドレス一つで仕事を募集している状態です。メールに来た仕事依頼を自分で判断し、ギャラ交渉まで自身でしているんです。しかし長い間大手芸能事務所におんぶに抱っこだった華原さんが、一人ですべて背負うのは非常に難しいでしょう。

一部では、全盛期並みの高額のギャラを維持し、安い仕事は蹴っているとの話も。『生放送でないと出演しない』など、出演のハードルも厳しいんだとも聞こえてきますね……。ブランド品を切り崩しているとはいうものの、やはりそう簡単に自分の価値を下げることはできないのでしょう」(ワイドショー関係者)

実家は実業家で裕福だが、華原いわく“家族には頼りたくない”そうだ。出産のときも一人で病院にいき分娩室に入って一人で産んだと明かした。

「華原さんは未婚のまま出産しましたが、相手男性は非常に経済的に裕福な方と聞いています。しかし、養育費をもらっているのかどうかは明らかではない」(スポーツ紙記者)

息子は納豆と白米が大好物で、朝も夜も納豆という食生活をしているという。今は愛息と生活し、毎日YouTubeをやっているのが楽しいと明かした華原。

コロナの影響もあり仕事は減りつつあるが、息子が進学するにつれ出費も増えるはず。子どもを大きく育てるためにも、これからますます仕事に精を出していかなければならないだろう――。

  • PHOTO原 一平

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事