高級宿は満室…GoToトラベル狙い目は「少し高めの中堅ホテル」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

観光地に客足が戻り始めた。さらに東京参加で、高級ホテル・旅館が値上がり傾向?

国が主導する観光キャンペーン「GoTo トラベル」で、7月のスタート時から対象外とされてきた東京発着の旅行が、10月1日からキャンペーン対象に含まれる。ホテルの宿泊やツアーが35%割引、さらに15%分が観光地で利用できるクーポンとして付くため、実質、通常の半額で旅行ができる。正直、とてもお得だ。 

開始当初、このキャンペーンの是非を問う論争がメディアやSNS上などで数多く繰り広げられた。だが、感染者の減少とともにトーンダウンし、9月の4連休(シルバーウィーク)時には、全国各地のホテルは満室が相次ぎ、人気の観光地などは観光客で賑わいを見せていた。 

一方、ホテル予約の人気が割引率の高い高級ホテル・旅館に集中している、中には、通常より高い宿泊代金を提示して“便乗値上げ”しているのでは、という声も耳にした。しかも、新型コロナの感染がいまだ完全に収束したとは言えない。「3密を避ける」「体調が悪ければ外出自粛」「こまめな手洗いや消毒」「マスク着用」などの行動は、旅行でも必須だ。 

Withコロナでの旅行、「GoTo トラベル」の本当にお得な賢い利用方法を、実際にすでに数回利用した経験から、旅行のプロとして紹介する。 

シルバーウイーク4連休最終日の横浜中華街(写真:アフロ)

そのまま予約しても「GoToトラベル」対象とならない! 移動手段の「単独」予約は対象外

まず、飛行機や新幹線などの「移動手段」と「ホテル・旅館」をまとめて予約する、いわばパック旅行(ツアー)で「GoToトラベル」対象であれば、その合計金額からまとめて35%割引となる。

例えば、ANAやJALなどの「ダイナミックパッケージ」をはじめ、「新幹線・特急+ホテル・旅館」の旅行予約サイトなどが販売するパック旅行も基本的に対象。このパック旅行で最大のメリットは、一度にまとめて割引されること。移動手段とホテル・旅館を別々で予約すると、ホテル・旅館しか「GoToトラベル」の対象とならず、移動手段は通常料金となる。

楽天トラベルの「GoTo トラベル」キャンペーン特設ページ。予約する前に「クーポン」各種の取得をお忘れなく

ただ、パック旅行が安いかと言うと、一概には言えないので注意したい。その理由については後述する。

なお、パック旅行を「楽天トラベル」「じゃらん」などの旅行予約サイトなどで利用する場合、事前に「GoToトラベル」が適用される“クーポン”を取得した後に予約しないと割引が適用されない点が要注意だ。ホテルの公式サイトで予約した場合は「公式サイト検索予約サービス “STAYNAVI”」に登録して対象の宿泊クーポンを発行し、宿泊先のフロントで提示して割引を受ける必要がある。

高級ホテル・旅館が値上がり傾向、その実態は…… 

次に、ホテルのみ「GoToトラベル」を利用する場合。

一般的に、宿泊代金から一律に35%割引されるため、高級なホテル・旅館ほど“お得感”は大きい。そのため、通常はなかなか手の届かない高級ホテルや高級旅館に、これを機会に泊まってみようと予約が集まり、逆に、通常からリーズナブルなビジネスホテルなどが割引される金額にお得感がない上、出張需要が減ったままで今もあまり予約が入っていないと聞く。

最近はどのホテルのフロントにも、国土交通省が推奨する「新しい旅のエチケット」が掲示してある

ただ、気を付けたいのは、高級なホテルや旅館が、割引前の価格がとても高いからと「便乗値上げだ!」とも、すぐに思わないでほしい。

というのも、「GoToトラベル」直前、また、開始直後はまだどこも宿泊客が少なく、はっきり言って“底値”だった。それから徐々に予約が増えていって需要が高まったため、宿泊代金が上がっていくのは必然。「GoToトラベル」で割引となった価格を見て、多少高くても納得できるなら泊まっても良いだろうし、もし心配であれば、そのホテル・旅館の、通常期におけるおおよその相場を調べてみるのも手だろう。

「GoToトラベル」プラス「クーポン」でさらに割引になることも 

ホテルの予約は通常、公式サイトからの直接予約が最も安いのが基本。ただ「GoToトラベル」では、最終的に支払う金額からすると、そうとも限らない。

今はいまだかつてないほどホテルが安く泊まれる、特に狙い目は…… ※画像はイメージ

「楽天トラベル」「じゃらん」といった旅行予約サイトでは、ホテルの予約で利用できる「クーポン」を配布している。これが「GoToトラベル」の35%割引と併用できるため、まさにW(ダブル)割引となる。

筆者は、9月上旬、名古屋市内のホテルを楽天トラベルで予約した際、約7000円の宿泊代金から「GoToトラベル」とクーポンで、ほぼ半額の3500円ほどまで下がった。

楽天トラベルでホテルを予約した時の明細。「GoToトラベル」に加え、さらに1300円分のクーポンが使えた。ポイントも利用して支払い1000円足らず

ちなみに、当初考えていた1泊4000円台のビジネスホテルの場合はクーポンが利用できなかったため、上記のちょっと高めのデザイナーズホテルを予約した。結局、支払う金額がほぼ変わらなかったため、お得に泊まることができた。しかも、宿泊客が少なかったようで、上層階の角部屋が割り当てられ、隣りの音なども気にならず静かに過ごせて、朝食会場も空いていた。

リーズナブルなホテルも、35%引きとなればお得なのは確か。ただ、クーポンまで利用するとなると最低利用金額などの条件で使えないことも多い。しかも、高級ホテル・旅館は人気が集中して値上がり傾向にある。狙い目は「ちょっと高めの、中堅ホテル」だ。

どこでも予約するかで支払金額も変わってくる、必ず比較を! 

先に紹介した、「新幹線・特急+ホテル・旅館」のパック旅行。これと、移動手段とホテル・旅館を別々に予約した場合を比べると、まとめて割引されるパック旅行がお得のように思えるが、すべてがそうとは限らない。先日の名古屋出張が、そうだった。

近鉄「ひのとり」は大阪と名古屋を約2時間で結ぶ最新の特急車両。とても快適だった

行き帰りとも、大阪から近鉄特急を利用した。旅行会社のパック旅行で、ホテル付きで15000円ほどで見つけ、そこから「GoTo トラベル」の35%割引で10000円ほど。一方、ホテルは3500円、そして、近鉄特急は金券ショップで入手した乗車券(片道900円)と特急券は公式サイトで購入して片道2000円弱。合わせて10000円かからなかった。

金額的にはほぼ同じだが、パック旅行の場合、急な予定変更などで融通が利かないことが多い。近鉄特急の特急券をインターネットで予約した場合、3回まで無料で変更できる。特に、ビジネスでの出張では予定変更に柔軟というのは大きなメリットだ。

「GoTo トラベル」が対象であれば、ホテルやパック旅行(ツアー)が35%割引なのはどこも同じ。ただ、予約サイトや自治体、ホテルなどが独自の「クーポン」を発行していることも多く、例えば、同じホテルなのに支払金額が違う、ということが多々ある。最初に調べた旅行予約サイトなどで安いからと真っ先に飛びつかず、公式サイトを含めていくつかの旅行予約サイトを比較してから決めるのが賢明と言える。

■記事中の情報、データは2020年9月28日現在のものです。

旅行者向けGoToトラベル公式サイトはコチラ

シカマアキさんのウェブサイトはコチラ 

  • 文・写真Aki Shikama / シカマアキ

    旅行ジャーナリスト&フォトグラファー。飛行機・空港を中心に旅行関連の取材、執筆、撮影などを行う。国内全都道府県、海外約40ヶ国・地域を歴訪。ニコンカレッジ講師。元全国紙記者。

Photo Gallary6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事