竹内結子さん死去 ”異変なし”なのに一体なぜ…残る不明点

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
一時期は同じマンションにも住んだこともある親友のイモトアヤコ(左)と笑顔を見せる竹内結子さん(‘18年)

《あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております》

なんの前触れもなく日本を代表する名女優が旅立ってしまった。9月27日の朝、竹内結子さんの訃報に日本中が衝撃を受け、所属事務所も戸惑いを隠せない様子でコメントを発表した。

竹内さんの変わり果てた姿を最初に発見したのは夫で俳優の中林大樹だった。

「竹内さんは前日に、自宅の1階で子供たちも含めて一家団らんで食事をしていたことがわかっています。そして27日の深夜、2階の寝室にあるクローゼット内で竹内さんが首を吊っているのを中林さんが発見した。病院に救急搬送されたが、心肺停止状態で死亡が確認されました」(スポーツ紙記者)

28日付のスポーツ報知によると、夫の中林さんが竹内さんを最後に見たのはその10分前だったという。

「警察によると遺書は見つかっていません。報道が事実であれば家族で夕食をとり、一段落ついたあと夫と離れた間に竹内さんは寝室で10分以内に図ったことになる。かなり衝動的だったとも取れますが、事前の準備なしでそんなに衝動的にことを起こすことができるのか…どうしても、不明瞭な点が多く残ってしまいました」(芸能レポーター)

竹内さんは去年の3月に出演したトークバラエティ番組で、再婚後の生活を明かしていた。

「子供が寝静まってから朝起きる時間を逆算し、2~3時間自分の時間ができるとだいだい台所でお酒を飲んでいる。友人が家に来ても基本は台所で飲む」

と、“台所”というお気に入りの場所でお酒をたしなむのが好きだった告白していた。

「今年の1月には中林さんとの間に子供が生まれています。赤ちゃんがいるので夜に授乳したりおむつを替えたりする必要があるので、出産後にそこまで飲酒していたとは考えにくいです。そう考えるとお酒で自暴自棄になったわけではないでしょう。直前まで夫が見ているわけですからね。

再婚から1年7か月しか経っておらず、生後9か月の赤ちゃんまでいる。絵に描いたような幸せそうな家庭ですが、本人にしか分からない相当な悩み事があったのかもしれません」(ワイドショー関係者)

俳優の伊原剛志は自身のツイッターで、

《残された子供の事を考えると複雑だ 子供を残してでも死なないといけない状況って、よっぽどの事だよね。なんでやねん???とても複雑な気持ちだ!!》

と語っている。

14歳になる長男は、前夫である歌舞伎俳優の中村獅童との間に生まれた。今では中林さんと心が通じ合い打ち解けていたとはいえ、血のつながった母親がもういないことを思うと、胸が締め付けられるような思いだ。

再婚の決め手となったのは長男が

「3人一緒になればこれから楽しくなるね」

と母親を後押ししたことだったという。歳の離れた弟ができた矢先、なぜ旅立ってしまったのか。

竹内さんのあまりにも突然の訃報。いまだ日本中が悲しみに暮れている――。

 

(日本いのちの電話連盟)

・フリーダイヤル0120-783-556(毎月10日午前8時~翌日午前8時)

・ナビダイヤル0570-783-556(午前10時から午後10時まで)

  • PHOTO等々力 純生

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事