菅義偉新総理の名刺が「メルカリに大量出品中」の怪

最高1万7000円で売買 いったい何に使うの?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
早朝の散歩を欠かさない菅総理。総理に就任してからは、警備体制の強化のため、官邸内を散歩しているという(写真:読売新聞/アフロ)

秋田県のイチゴ農家の倅(せがれ)から内閣総理大臣に上り詰めた男の強運にあやかろうということなのか。メルカリで菅義偉総理の名刺が大量に売買されている。

〈菅義偉 名刺〉で検索すると、50枚前後がヒットし、官房長官時代のものは最高1万7000円で購入されていた。官房長官になる前の写真入りの名刺は、最高1万5000円である。

政治家の名前が入っているとはいえ、所詮は紙切れ。縁起物として飾るには高すぎる。いったい誰が何に使うのか?

『メルカリの達人!』などの著書がある泉澤義明氏がこう分析する。

「菅総理は支持率も高く、叩き上げから最高権力者になった、まさに『時の人』です。メルカリでは話題の人にまつわる物品が高騰する傾向にあり、菅総理の昔の著書『政治家の覚悟 官僚を動かせ』も最高3万円で購入されています。

ただし、そもそもメルカリの規約で、個人情報の悪用につながる可能性のある『名刺』は出品が禁止されています。

それでも高値で取り引きされているのは、購入者が権力者と近いことをアピールするための小道具として使用したいからでしょう。投資話で相手を信用させるために、名刺を悪用して政治家や経営者と自分がいかに親しいかをアピールする輩(やから)もいます。そういった人物に疑われる可能性もあるので、絶対に名刺の売り買いはしないでください」

なお、菅総理と総裁選を戦った岸田文雄前政調会長は1万2000円、石破茂元幹事長は1万1500円で購入されていた。国民に人気の小泉進次郎環境相は9800円。「ポスト菅」レースは始まってもいないが、名刺の購入価格の上では岸田前政調会長が最有力である。

規約違反にもかかわらず、官房長官時代の菅総理の名刺が大量に出品されている。安倍前総理の名刺(写真左下)はすべて高値で売却済みだ

『FRIDAY』2020年10月9日号より

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事