ヘンリー王子&メーガン妃が何をやっても叩かれる理由

王室離脱は「メグジット」と揶揄、自宅改修費用を完済してもバッシング、今度はネットフィリックスと契約して大批判

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ビバリーヒルズで買い物する二人。今年7月、サンタバーバラに約16億円の豪邸を購入したと報じられている(写真:Backgrid/アフロ)

イギリス王室を今年3月に離脱した、ヘンリー王子とメーガン妃。王室離脱宣言はMeghan(メーガン)とExit(退場)を掛け合わせた「メグジット」という造語で批判されたが、結局結婚からわずか2年で二人は妻の故郷であるアメリカ・ロサンゼルスへ移住。最近ではイギリスの自宅改修にかけた公金約3億円をようやく返済したことが報じられた。

この「お騒がせ夫婦」に、いま新たな批判が集まっている。動画配信サービスを運営するネットフリックスと、約105億円でプロデューサー契約を結んだのだ。「自然に関するドキュメンタリーやアニメを新たに制作する」としているが、英国民からは怒りの声が上がっている。テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏はその理由をこう解説する。

「公務を辞めたにもかかわらずロイヤルファミリーという肩書を使って商売し、105億円を手に入れたことがおもしろくないのです。王室は伝統を守って謙虚であるべきなのに、彼女はそれができない。イギリス人は、王室に背を向け逃げたメーガン妃に『二度と来るな、顔も見たくない』と感じていると思います」

英国王室の称号を都合良く利用し、国民から反感を買う二人。完全に自立しないかぎり批判がおさまることはなさそうだ。

『FRIDAY』2020年10月9日号より

  • 写真Backgrid/アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事