山口達也が釈放後に「一転容疑を否認」と報じられた裏事情

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
検出されたアルコール量は、基準値の約5倍、500㎖缶のビール約7本分という極めて高い数値だった

焦点は「酒が残っている自覚」があったかどうか―。

9月22日、元『TOKIO』の山口達也容疑者(48)が、酒気帯び運転で逮捕された。当初は事実関係を認めていたとされる山口だが、24日の釈放直後、「容疑を否認した」という報道が流れた。

「実際、山口は供述を少し変えたんです。当初は『酒が残っている自覚はあったが事故をしなければ問題ないと思った』と話していたようですが、検察の取り調べには『酒が残っていると思わなかった』と話している」(全国紙社会部記者)

これに対し、山口の代理弁護士からマスコミ各社へ、26日付で異例の声明が送られた。

「山口達也氏が『否認に転じたことが新たにわかった』などといった報道が一部でなされています。しかし、このような報道は事実に反するものです。同氏は、被疑事実を認め、逮捕後一貫して、自己の記憶に従い誠実に供述しています」

なぜ「否認報道」を巡り、両者の意見が食い違っているのか。

「酒気帯び運転は、本人が飲酒したことを自覚していなければ無罪になる可能性がある。だから検察は供述が変わったことに過剰反応した。それを記者が『否認に転じた』と書いたのではないでしょうか。もしかすると、家宅捜索を正当化するために、否認という悪い印象を世間に与えたかったのかもしれません」(同前)

はたして酒が残っている自覚はあったのか。本日発売のフライデーでは、未公開写真とともに、山口のこれからについて詳しく報じている。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事