石原さとみ 元カレも逃げ出すほどの束縛を超えた「新郎の包容力」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
大阪にあるUSJから新幹線で品川駅に戻った石原。ホッとした表情がかわいらしい(‘19年)

 

《明日から生きていけない》《ついにこの日が来てしまった……》

大人気女優・石原さとみの年内結婚が報じられ、ネット上では男性ファンの悲哀の声がこだました。所属事務所「ホリプロ」によれば、お相手は「普通の会社員」。早速《俺の周りに石原さとみはいないぞ》《どうすりゃ出会えるんだよ》とツッコミが殺到しているが、めでたいことに変わりはない。

「石原本人が結婚することをひた隠していて、親しい人もニュースを聞いて初めて知ったそうです。一部でお相手は外資系企業に勤める金融マンという報道もありますが、真偽は不明です」(スポーツ紙記者)

男性とはこの1年以内に出会い、意気投合。今春には所属事務所に結婚を報告していたというから、スピード婚と言っていい。

石原は‘02年の「第27回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、芸能界入り。翌年の映画『わたしのグランパ』で女優デビューを果たし、同作で「第27回 日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した。

その後はNHK連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインをはじめ、数々のドラマや映画に主演している。また、‵15年には「理想の後ろ姿のタレント」「キスしたい芸能人」で女性部門第1位を獲得。ORICON NEWが主催する恒例の「恋人にしたい女性有名人ランキング」では昨年4位だった。

そんな彼女が“ひと様のモノ”になるのだから、失意の声が上がるのは当然。だが、石原を知る業界関係者の口から出る言葉は、少々意外なモノだった。ある中堅芸能プロ幹部の話。

「彼女はプロ意識が強いため、なかなか気性が荒いと聞いたことがあります。仕事で意にそわないことやおかしいと思うことがあると、担当マネジャー経由で現場に意見が来ることもあるとか。そんな彼女とプライベートで付き合う男性には、寛容さが求められるだろうと言われてきました」

石原はこれまで滝沢秀明、佐藤健、カメラマン、山下智久らと浮名を流してきた“恋多き女”で知られるが、どれも長続きしなかった。

直近では「SHOWROOM」の前田裕二社長と交際し、一時は結婚秒読みと言われたが、こちらも昨春までに破局。別れた理由について双方口を閉ざしているが、周辺人物から話を聞く限り、前田氏が「逃げ出した」というのが真相に近いようだ。

同じマンションで半同棲状態と報じられた「SHOWROOM」の前田裕二社長(‘18年)

「石原さんがゾッコンで、プレッシャーが凄かったようです。前田さんが自分以外の女性と話すだけで不機嫌になることもあるほどで、一番すごい時はカメラワークで言うところの、前田さんと同じフレーム内に女性がいただけで、立腹していたこともあったとか。本当に彼のことを好きすぎて、どこに行くか、何時に帰るかも逐一報告を欲し、LINEの既読が少し遅れただけで、心配を募らせていたそうです。周りが見えなくなるほど、恋愛に猪突猛進なんでしょう」(テレビ局関係者)

破局後、前田氏は周囲に「いろいろあった」とポツリ。以後、石原との件はタブーになったという。石原は結婚にあたり、報道各社に、

《彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました。これからは二人で、大切なものを大切だと思える人生を共に歩んでいけたらと思います》

とコメント。ホリプロが明かしたところによると

《彼のテレワークを隣で見ていた時のこと。後輩への教え方がものすごく丁寧で、歴史上の人物や経営者など自分が感銘を受けた人の言葉を交えながら、相手が楽しく仕事ができるように指導している彼の様子がとても新鮮に映ったそうです》

という。テレワークで石原が隣にいるなんて羨ましい限りだが、なかには「隣で仕事を監視されたくない」という人もいるかもしれない。前田氏に近い人物は石原の結婚を伝え聞き、次のように漏らした。

「包容力のある相手が見つかったんだな……」

裏を返せば、そうした石原の“個性”もお相手男性はやさしく包み込み、生涯を共にする覚悟、ということだ。2人は年内にも入籍予定。幸せいっぱいの笑顔を見せてくれるに違いない――。

前田氏と同じマンションの入り口で手を振る石原(‘18年)
まだ交際に発展する前の山下と石原。共演したドラマのメンバーで寿司店へ(‘15年)
石原の住むマンションから隠れるようにして出て来る山下。連日のように彼女の元に訪ねていた(‘17年)
2日連続だったり、週3日だったりと石原と山下は寸暇を惜しんで逢瀬を重ねた(‘18年)
7歳年上のカメラマンとデート。お店や服装など庶民的なのが石原の特徴(‘10年)
お笑いコンビ「品川庄司」品川とのツーショット。この後、石原は1人でタクシーに乗り帰宅した(‘12年)
  • PHOTO坂本信二(1枚目)、西原秀(2枚目)、高塚一郎(3枚目)、島颯太(4、7枚目)、西圭介(5、6枚目)、結束武郎(8枚目)

Photo Gallary8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事