ユ・ヒョンジュが公式戦で魅せた「美バストスーパーショット」

韓国女子ゴルフ界イチのセクシークイーン

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ユ・ヒョンジュ 韓国女子ゴルフ界イチのセクシークイーン(画像:KLPGA)

ついに実力が人気に追いつくか――。

韓国メディアは大いに盛り上がった。「セクシークイーン」「フィールド上のモデル」と称される韓国の女子プロゴルファー、ユ・ヒョンジュ(26)。美貌とスタイルで注目を集めながら、肝心の成績がイマイチだった彼女が、韓国女子ツアー『ファントム・クラシック』(9月25日開幕)で、初日に首位タイに立ったのだ。

秋になっても変わらず膝上30㎝(推定)のミニスカとぴちっとしたウエアを着こなす、ファンサービスも健在。試合中とは思えない大ぶりのサングラスもまったく違和感がない。コロナ禍の影響もあり、1ヵ月半ぶりの公式戦出場となった彼女は、これまでのどの大会よりカメラマンの視線を一身に集めた。

大会初日はショット、パッティングがともに好調で、トップタイ。記者会見に出席して、キュートな笑顔を見せた 

日韓の女子プロゴルフを取材するスポーツライターの金明昱(キムミョンウ)氏が解説する。

「韓国ではほとんどのテレビ、スポーツ紙、ネットニュースで大々的に報じられましたね。首位になったのも、試合後に成績上位選手が呼ばれる共同記者会見に参加したのも、プロになってから初めてでしょう。彼女自身が会見で話したように大会初日はドライバーやアイアンショットが好調だったうえに、苦手なパットもよく入っていました」 

当然、ファンは初優勝を期待した。だが、翌日からスコアが乱れて、結局、ユ・ヒョンジュは42位タイで大会を終えた。

「課題はやはりパッティングです。2日目以降は3パットが目立ちました。韓国ツアーの中でも平均パット数は102位と低迷しています。逆に言えば、それさえ改善されれば、優勝争いをすることができると思いますよ」(金氏)

人気先行という皮肉めいた声をかき消すためにも、セクシークイーンには早くトロフィを手にしてほしい!

172㎝の長身を生かした力強いショットが持ち味。今大会では初日が「66」、2日目が「73」、3日目が「76」。通算1アンダーで42位タイに終わった
本誌未掲載カット ユ・ヒョンジュが公式戦で魅せた「美ボディスーパーショット」
本誌未掲載カット ユ・ヒョンジュが公式戦で魅せた「美ボディスーパーショット」
本誌未掲載カット ユ・ヒョンジュが公式戦で魅せた「美ボディスーパーショット」
本誌未掲載カット

『FRIDAY』2020年10月16日号より

  • PHOTOKLPGA

Photo Gallary7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事