在籍女性が赤裸々告白…誰も知らない「交際クラブ」の実態

入会金は3万〜100万円 政治家、大御所俳優、人気芸人、有名スポーツ選手など、選ばれた人間だけが利用できる秘密の遊び場

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
取材に応じる「交際クラブ」の女性たち。「働き始めて収入は想像もできなかった額に上がった」と語った

入会金は最大100万円

「20代前半、高身長、グラマラス。事前に私の好みを伝えておけば、ピッタリの女性を用意してくれる。ホステスを口説くのに比べれば時間もかからないし、女性のルックスも段違い。交際クラブは最高の遊び場ですよ」

「紀州のドン・ファン」こと資産家・野崎幸助氏(享年77)は、生前、本誌記者にそう言い遺した。

ドン・ファンだけでなく、『アンジャッシュ』渡部建(48)も利用していたことが報じられ、にわかに注目を集めている「交際クラブ」。名前は聞いたことがあっても、その実態についてはよく知らない読者が多いのではなかろうか。

「交際クラブ」とはいったい、どんな世界なのか。解説してくれたのは、国内に複数のクラブを構える業界歴28年の敏腕経営者だ。

「まず、入会のシステムからご説明しましょう。入会条件はクラブによっても違いますが、年収1000万円以上が大衆店、3000万以上が中級店、6000万以上が高級店という位置づけです。料金は主に3つ。入会金、セッティング料金、出会った女性に支払うギャラです。

入会金は3万~100万円、セッティング料金は1万5000~10万円、女性へのギャラは3万~30万ほど。日本で最も高いクラブで、入会金100万、セット料金100万、女性のギャラ100万です。女性と1回遊ぶのに、300万円かかるということですね」

クラブは男性客のニーズと支払い可能なギャラに合わせて女性をセッティング。ホテルのラウンジなどで待ち合わせ、店の人間が冒頭だけ立ち会うケースもある。客が同じ女性を連続で指名することはできない。気に入った女性と出会い、その後も逢瀬を重ねたいと思ったら、客が自ら交渉して連絡先を交換し、仲を深めるのがルールだ。

客のほとんどは富裕層で、著名人も少なくない。それだけに、秘密保持にも厳格なルールがあるという。

「秘密が守れるか、ということに重点を置いて利用する方は多い。登録には運転免許証やパスポートなど公的証明書が必要になり、なおかつ、情報漏洩をした場合はペナルティを支払うという誓約書にサインをしてもらいます。当然、在籍女性にも秘匿を厳しく義務づけていますし、店側も常に目を光らせています。

交際クラブを利用するうえで何より魅力なのは、非日常を味わえるという点。実は、女性と1対1で遊ぶ男性客は少ない。男性一人に対して女性が8人なんていうケースもある。著名人の顧客のなかには、複数の女性を集めてクルーザーを貸し切りにして、マスコミの目が届かない海の上で遊ぶ方もいます」

「交際クラブ」の多くは各都道府県の公安委員会から認可を受けている。

「クラブは女性をセッティングするだけ。出会ってからはすべてお互いの自由意志でやっていただきます。現在、認可されているクラブは都内に約120店舗あるとされる。認可の有無の見極め方は、ホームページがあるかどうかです。法律と道徳を守るのが『交際クラブ』。ほとんど援助交際に近い『パパ活』とはまったく違うのです」

システムもさることながら、気になるのはどういった女性が在籍しているのかということだ。経営者が続ける。

「女性自ら応募して面接に来ることもある。ただ、多いのはやはり、芸能事務所からの紹介。グラビアアイドルのMもその一人です。美人アスリートが、自分のコーチの給料が払えないという理由で1年間だけ働いていたこともあります。最近は、コロナの影響で『このままではタレントに給料を払えないから』と、事務所が売り込みに来るケースがかなり増えていますね」

ハリウッドスターも登録

本誌は実際に働く女性にも取材。1年程前に登録した現役モデルのナミさん(23)が実体験を語る。

「非日常的な体験をしてみたいと思うようになって、登録したのが始まりです。登録してみると『実は私も働いてるんだ』とカミングアウトしてくるモデル仲間が多くて驚きましたね(笑)。

お客で一番多いのは開業医。芸能人や有名人の利用ももちろんあります。名前は言えませんが、私が在籍している店には、俳優が11名、政治家が24名登録しています。スポーツ選手は多く、元も含めると50名以上いますね。元メジャーリーガー、歌舞伎役者のEさん、大御所俳優のTさんはよく利用していただきました。あとは俳優のNさんやTさんもいますね。珍しいところでは、大物ハリウッド俳優のKさんが来たこともある。Kさんは『芸者を抱きたい!』と言い出して慌てたのを覚えてます(笑)」

コロナ禍によってキャバクラやラウンジが閉店に追い込まれたことで、男性・女性ともに「交際クラブ」需要は高まっているという。前出・経営者が語る。

「今年の10月には、IR関連の富裕層に向けた『CLUB2PERCENT』というクラブを横浜でオープンする予定です。セット料金は無料ですが、入会金は1000万円、女性のギャラは100万円から。これでも十分に採算は取れると見込んでいます」

選ばれた人間のための秘密の遊び場は、確かに存在するのだ。

「交際クラブ」が顧客向けに公開しているプロフィール画像。モデルやタレントの卵も多数在籍している

 

水着のプロフィール画像を公開するケースも。常連客にはクラブ側から新人女性を売り込むこともある
「交際クラブ」に在籍する女性と、男性客とのLINEのやりとり。連絡先の交換は自由で、同じ女性との2度目以降の逢瀬に店は介在しないのがルールだ
ドン・ファンこと野崎幸助氏は「交際クラブ」の愛好家として知られ、大金を投じてさまざまな女性との出会いを楽しんでいた

『FRIDAY』2020年10月16日号より

  • 撮影田中俊勝(1枚目)

Photo Gallary5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事