「甲子園にも出場した球児だった」人気占い師・シウマ驚きの半生

シウマはいかにして人気の占い師となったのか?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

驚異の的中率を誇る占い師たちが、初めて出会う一般人に占いをおこなうというコンセプトの人気番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系・毎週水曜22時〜)。視聴者からの占ってもらいたいというリクエストは、なんと10万件を超えているそうだ。同番組にレギュラー出演している琉球風水志・シウマ氏は「数意学」という姓名判断をもとにした数字の占いのスペシャリストとして注目を集めている人物である。

テレビ番組の出演のほかにも、YouTubeチャンネル「琉球風水志シウマの『Let`s 開運』」を開設し、さらに新刊『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」』を発表するなど勢力的に活動している。

今回のインタビューでは、いつもは相談者の話を聞く側に立つことが多いシウマ氏に、今回は自身の半生を語ってもらうことにした。

「私は小学3年生から野球をはじめ、現在も草野球をつづけている野球好きです。高校は沖縄水産高校という強豪で、‘96年には春の選抜で甲子園の舞台に立ったこともあります。

目に見えないものを信じるようになったのは、ちょうど高校に入学したときでした。ある日の練習終わりに、野球部の監督に黒いドーベルマンがじゃれついているのが見えました。監督が部屋に戻ると、犬はそばにあるがじゅまるの木の下に消えていった。グラウンド整備のおじさんにその話をしたところ、後日コーチに呼び出されて『なんでその犬のことを知っているのか』と聞かれたんですよ。

詳しく話を聞いたところ、そのドーベルマンは私が入学前に野球部に飼われていた犬で、不慮の事故で死んでしまった。その犬を埋めていたところが、そのがじゅまるの木の下だったのです。

霊の目撃は増えるばかりで、包帯を巻いた兵隊がピンセットでウジをつまんでいる姿が見えたり、32人の兵隊が高校にある戦没者記念碑から歩きでてきたのが見えたりしました。そうした経験を母親に話したことから、『目に見えないものから身を守れるように』ということで、まず母が琉球風水を学びはじめました」

シウマ氏はその後、名護市にある名桜大学へ進学する。

「強豪校で練習してきたこともあり、1年からレギュラーでした。そのころから母が相手チームの投手を姓名判断で分析するようになりました。名前と生年月日から性格を読み取り、『初球から決め球を放ってくるタイプだ』という具合に見ていくわけです。

1、2年のころは真面目にアドバイスを聞くことはありませんでした。私、当時はそういうのに逆らうタイプだったので(笑)。でも、素直に従ったときは、チームが勝ったり、打率成績が上がったりするのに、聞かなかったときは振るわない。こういうことが度々起きたことから信じるようになったのです。結果、3年生のときにはリーグで盗塁王を取ることができました。

そして、ライバル校の選手までも母を頼るようになったのです。九州大会に勝ち上がるには…という戦略会議で、琉球風水をもとに球場に合わせて、タオルやリストバンドの色を変えるようになどのアドバイスしていたようです。そのチームは九州大会で準優勝しました」

大学卒業後、シウマ氏は社会人野球を目指すが、怪我などの事情で道は閉ざされる。

「4社のテストを受けて、2社から合格通知をもらったのですが、1社は会社自体の採用枠が足りないということで断念。もう1社は、合格と言われたけれど悪い予感がして入部を辞退。その会社の野球部は半年後には廃部になってしまったので、辞退して正解でした。

3社めはテスト1日めに捻挫してしまって、2日めのテストが受けられなかった。どうしても諦められなくて、ツテを頼り、アメリカの独立リーグに渡ろうとしたのですが、9.11の事件が起きて、渡米できなくなってしまいました。運命に阻まれるように野球の道を断念することになったのです。

いま考えてみると、目に見えないものに左右されていたとしか考えられませんね。それから24歳で易学の学校に通い、九星気学、方位学、手相、人相学、四柱推命などを本格的に学びはじめて、琉球風水の道を歩みはじめました」

そして、数意学という独自の占いを編み出し、10万人以上の鑑定をする占い業界のトップランナーへと成長したのだ。

さて、シウマ氏には新型コロナにより生活が一変した現在の社会状況をどのように見ているのか。

「今年は九星気学における七赤金星、庚、子の年。基本的には、エンターテインメントが盛り上がるという特徴があって、おもてなしの心が重要とされる。人と人との繋がりで運気が上がる年で、オリンピックイヤーにぴったりな運気でしたね。

でも、裏の子の影響が色濃く出てしまったようです。『寝ていたものが起きる』、『未知なるものが出てくる』、『健康に気をつけよう』という特徴があり、健康面では喉と肺に注意しなければならないという兆候があります。まさに、新型コロナウイルスを想起させるものです。

私には、猛スピードで駆け抜けてきた人間の動きを、自然が『止まりなさい』と制止したように思われてなりません。私たちにできることは、一度立ち止まり、制限されているなかで趣味を見つけたり、この期間を有効活用して自力をつけることだと思っています。

来年2021年は、六白金星の年。『本物だけが残る』、『自力がある人が上がっていける』、『王道』、『結果主義』、『目に見えない力を味方にする(自然・願掛けなど)』という特徴があります。来年に向けて資格の勉強をするのもよいですし、大人のペン習字を習ったり、漢字の勉強をしたりするというのもよいです。今年は来年に向けての準備期間だと考えて、努力を積み重ねていきたいものです」

この機会に琉球風水を学んでみるというのも有効な時間の使い方になるかもしれない。

シウマ氏の新刊『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」』の購入はコチラ

●シウマ
1978年6月13日生まれ。沖縄県沖縄市出身。琉球風水師の母の影響により、沖縄独自の琉球風水や姓名判断、九星気学を学ぶ。雑誌「ViVi」「anan」「女性自身」やラジオなどで開運アドバイスを行うほか、携帯サイトで多くの占いコンテンツを監修。開運オンラインサロン「すーみーさんけー」(https://www.fansnet.jp/shiuma_ryukyu)では日々の開運術や不定期でオンライン個人鑑定などを実施。2019年 「ニノさん」(日本テレビ)に出演した際、お笑い芸人・野性爆弾くっきー!さんの改名を行なった事が話題に。 現在は「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ)では、レギュラー占い師として出演中。あまりに当たる占いで大きな話題を呼ぶ。著書に「数字の暗号」(講談社)、「スマホ暗証番号を8376にした時から運命は変わる!」(主婦と生活社)などがある。10月8日には新刊『琉球風水志シウマが教える 身の回りをパワースポットに変える「数字の魔法」』が講談社より発売。

企画・構成:SUPER MIX
取材・文:山下悠介
撮影:村田克己

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事