元テレビ東京・鷲見玲奈アナが唯一「ダメ」という”お仕事”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「テレ東」独立後も人気は衰えるどころか、ますます注目が集まる鷲見玲奈アナ

スキャンダルがまさかのプラスに働きそうだ。

3月末でテレビ東京を退社し、4月からフリーに転身した鷲見玲奈アナウンサーが出会い系サイトを利用していたこと報じられた。10月6日発売の写真誌フラッシュが、サイトを通じて交際に発展した男性の生々しい証言を掲載している。

同誌によれば、2人が知り合ったのは‘14年11月。ちょうど鷲見アナが同局『ウイニング競馬』のMCに就任するタイミングだった。

同番組で鷲見アナはフェロモン全開の衣装で一躍人気者になったが、男性によれば巨乳ぶりを強調するために胸パットを入れていたとか。男性との交際は約1年で終止符。鷲見アナのLINEに別の男性との“関係”をにおわせるメッセージを発見したことが原因だったという。

それにしても夢のある話だ。「出会い系」と聞いて、よろしくないイメージを持つ人もいるかもしれないが、現在はマッチングアプリの呼称で世の中に広く浸透している。そこに鷲見アナのような美女が普通に出入りしているとなれば「俺も出会えるかもしれない」と考えるのは、男の性というものだ。

「鷲見アナはテレ東退社直前の3月18日放送の『家、ついて行ってイイですか?』で『私、出会いがなさすぎて、マッチングアプリ登録したことあります』とカミングアウトしていた。今回の報道はそれが裏付けられた形。彼女は独身だし、出会いの手段はひとそれぞれ。もともとセクシー路線を意識していた子だし、今回のスキャンダルはプラスに働くことも考えられる」(テレビ局関係者)

事実、すでに鷲見アナの元にはマッチングアプリの会社からイメージキャラクターのオファーが来ているとも。

古巣のテレ東も大喜びだ。間もなく深夜ドラマで『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』がスタートするのだ。

同ドラマは山口紗弥加演じる独身女性が友人の勧めでマッチングアプリを始め、世界観が変わっていくというもの。テレ東関係者は、

「これ以上ないタイミングで、よくやったと言いたい(笑)。彼女とはいろいろあったが、最後に恩返しをしてくれたのかもしれない」

と笑う。本人も今回のスキャンダルで凹んでいる様子はなく、インスタグラムではレアな体操着姿を披露。男性ファンを歓喜させた。

「お酒に酔うと、フェロモンが増す。オジサマ連中の下ネタにも嫌な顔ひとつせずに乗っかるし、自ら推定Gカップと言われる胸の話をすることもある」(別のテレビ局関係者)

同アナは昨年、週刊文春で既婚の先輩アナとの“ただならぬ関係”疑惑が報じられ、テレ東退社に追い込まれたが、前出のテレビ局関係者に言わせれば

「よくあること(笑)。お酒を飲んでテンションが高くなり、少々ハメを外しただけ。最後の一線は超えていないと聞いている」

だそうだ。ここまで大胆な女子アナは鷲見アナを置いてほかにはない。今回の“出会い系報道”も相まって、大手出版社からはセクシー写真集のオファーが今後引っきりなしに届きそうだが、意外や鷲見アナには唯一、NGにしていることがあるという。

「水着での撮影です。自分は元アナウンサーでグラドルではないという自負もあるのでしょうが、本人的には脱いだ時のおなかの肉も気になっている、とのウワサも」(出版関係者)

コロナ禍もあり、このところはひたすらジムで汗を流しているという鷲見アナ。“すぐ会える女子アナ”として今後の飛躍が期待される。

  • PHOTO大塚 静

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事