本田真凜&望結が姉妹対決の合間に見せた「素顔と愛情」

妹・望結のシニアデビューで姉妹対決が実現 !「熱戦の合間に見せた素顔」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ショートの演技を控えた望結の髪飾りを真凜がチェック。ウォーミングアップを一緒に行う姿も見られた 写真:時事

出番を控えた妹の髪の毛を、後ろから笑顔で優しく整える姉――。女優業とフィギュアスケート、二つの舞台で活躍する本田望結(みゆ)(16)と、その姉でフィギュアスケーターの本田真凜(まりん)(19)。10月9日からの2日間、ともに『東京選手権』に出場した二人は、激しい戦いのなかでも自然な「姉妹愛」を見せた。

真凜と望結は、普段から仲睦まじい様子を発信している。今年6月に開設したユーチューブチャンネル『本田姉妹やで』では、末の妹・紗来(さら)(13)を含めた3人で動画に出演。関西弁で笑い合いながら縄跳びをしたり、鯛焼きを作ったりする無邪気な姿が反響を集め、登録者数は瞬く間に41万人を突破した。互いに「みーちゃん」「まりん」と呼び合う本田家の次女と三女は、ともに幼い頃からフィギュアの世界で努力を重ねてきた。

この日の大会では、望結が16歳となりシニアデビューしたことで姉妹対決が実現。真凜は7位、望結は12位に入賞し、ともに『東日本選手権』への切符を勝ち取った。スポーツライターの折山淑美氏は二人の演技をこう分析する。

「望結選手はやっぱり女優だなと感じさせる、本当に情緒のある滑りですね。表現力が豊かでしなやかで、見る人を楽しませることができる。真凜選手はもともと身体能力がとても高く才能があるのですが、今は少し伸び悩んでいます。今後その壁をどう乗り越えていくかですね」

これから始まる真凜と望結の、〝氷上の姉妹競演〟から目が離せない。

間違った楽曲が流れるハプニングにも負けずアドリブで滑り切った姉の真凜
アップテンポの楽曲に合わせコンビネーションジャンプを決めた妹の望結
四女の紗来も幼い頃からフィギュアの世界で活躍し、今月初旬の『近畿選手権』でジュニア部門デビュー

『FRIDAY』2020年10月30日・11月6日号より

  • 写真時事通信社

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事