「わいせつ報道」霜降りせいや 文春提訴も気になる吉本との温度差

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
文春への提訴を表明した吉本興業。今までネタにしてきた「霜降り明星」せいやは何を思うのか……

《本件記事は削除されたとはいえ、その内容は到底看過できない極めて悪質なものであり、本件タレントのプライバシー及び名誉を著しく毀損するものであることから、本日、東京地方裁判所に対して損害賠償請求等を求める訴訟を提起いたしました》

10月21日、お笑いコンビ「霜降り明星」せいやの“わいせつ報道”をめぐり、吉本興業が文藝春秋社を提訴したことを同社のホームページで発表。“その内容”とは、同社が運営する「文春オンライン」が6月18日に報じた記事だ。

せいやが5月にファンである一般女性のAさんと2人きりで、オンライン会議アプリ「ZOOM」での飲み会を開催。椅子に座って下半身を露出し、パソコン画面越しに女性へ自慰行為を見せつけるというわいせつ行為をしたと報じられた。

Aさんがその画面を撮影したものが文春オンラインに“ありのまま”掲載されたのだ。

「せいやは同意の上の行為だと主張し、“ハメられた”と言っていたようです。吉本からの申し立てがあった後、10月18日に文春オンラインはその記事の公開をやめましたが、吉本は“それでもまだ許さない”と、プライバシーの侵害と名誉棄損をもとに訴えたようです」(スポーツ紙記者)

一方それを受け、文春サイドも22日に見解を発表。

《ファンである一般女性にとって、せいやさんとZOOMで直接話ができることは夢のようなことであるため、せいやさんの性的な行為に多少の不快感を覚えたとしても、即座にZOOMを終了すれば二度と話ができなくなってしまうことに、女性は戸惑っていました。せいやさんが行ったことは、ファン心理を利用した不適切行為だと言えます》

と報道の正当性を主張。“訴状が届き次第精査する”として、真っ向勝負の姿勢を見せた。また、現在記事を掲載していないのは「内規に従ったまで」としている。

ネット上でも世間の声は分かれている。しかし不思議に感じるのは、せいやと吉本興業の温度差だ。

例えば、9月30日に公開された霜降り明星の公式YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』では、せいやの新居に相方の粗品が訪れるという動画が投稿された。リビングに入るなり、粗品が座椅子を見つけ「これは例の……」と、“ZOOMセクハラ”に使用していた同じ椅子をいじったのだ。

せいやは「椅子に罪はないから……」と新居に持ってきたことを弁解。さらに粗品はクローゼットから、せいやがセクハラ当時に来ていたシャツを持ってきて座椅子にかけ“これはすごい組み合わせや”と再びイジると、せいやは「文春オンライン2点セットはええねん」とツッコミむなど、笑いのネタにしていた。

「せいやさんのZOOMネタはバラエティー番組でも度々いじられ、本人もしっかりツッコミを返しています。せいやさんはNGにしておらず、芸人の仲間内でそうしたネタを発信しつづけているにもかかわらず、吉本は文春オンラインが記事の公開をやめてもまだ許さないという姿勢です。はたして方向性がまとまっているのかどうか、疑問に感じますね」(女性誌記者)

せいや本人が“わいせつ報道”に怒っているのであれば、笑いのネタとして頻繁に話題にすることは考えにくい。それが芸人の生き方なのかもしれないが、今後はネタにしにくくなるのではないか。それでも、吉本が提訴に踏み切ったワケは、一体どこにあるのだろうか……。

  • PHOTO結束 武郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事