テレビ人気企画「あの大家族」から女子アナになった次女の苦闘

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
個性的な田中家の面々。一番上の両手でピースする女性が母親、中央のノリの良い男性が父親、その右隣の自撮り棒を持っているのが次女の晴子さんだ(画像:田中さん提供)

「オレが食べようとした唐揚げだぞ!」

「私のほうが先に手をつけたの!」

夕飯時になると、毎晩のように繰り広げられる兄弟ゲンカ。神奈川県川崎市に住む田中家は、親子2人に6人兄弟の大家族として、たびたびテレビ番組にとり上げられてきた。そんな有名ファミリーの中で、異色の職業に就いた子どもがいる。次女の田中晴子さん(25)だ。現在、フリーの女子アナとして華やかに活躍している。

「テレビ番組での企業PRや、経営者の方々を前に講演の司会などをしています。覚えることが多く予習が大変ですが、おかげ様で毎日忙しく仕事しています」

そう語る田中さん。だが憧れの女子アナになるまでの道のりは、決して平坦ではなかった。大家族の次女が歩んだ、紆余曲折の半生だーー。

「私たち兄弟が入学したり卒業したり……ことあるごとにテレビにとり上げてもらいました。これまで、10以上の番組で紹介されたと思います。両親に反発しただけで、『晴子ちゃん反抗期』というテーマで放送された。KAT-TUNの亀梨和也さんや田中聖さん(当時)らが、家に来たこともあるんです。中学生の時だったかな。興奮して、舞い上がったのを今でも覚えています」

田中家は、いつも賑やかだった。食事は大皿に盛られ、子どもたちで料理の争奪戦。取っ組み合いのケンカになると、長男や長女が「ジャンケンで決めよう」と仲裁に入る。見事に田中さんを投げ飛ばした三女を、たまたま番組を見ていたプロレス事務所がスカウトしたこともあるという。

小学生の時からカメラの前に

念願かなって女子アナとして活躍する田中さん。表情も晴れやか

田中さんが幼い頃から女子アナに憧れたのは、賑やかなことが大好きな父親の影響が大きい。

「父はバーを経営していたんです。店内にはステージがあって、壇上で歌をうたい踊っていました。スポットライトが当たり動き回る姿が、とてもステキに見えた。私も目立つ存在になりたい。そう感じるようになったんです」

小学校に上がった田中さんが入ったのは放送委員会。カメラが2台設置され、小学生にしては本格的なスタジオだった。田中さんは「校内放送の時間です」と、毎日カメラの前に立った。

「『声がいい』『女子アナっぽい』と褒められるのが嬉しくてね。中学も放送委員会に入りました。放送部だった高校時代には、NHK高校放送コンテストに出場し神奈川県大会で優勝したこともあるんです」

将来は女子アナになる! だが、田中さんの夢は一旦頓挫してしまう。

「女子アナになるためには、通常は大学を出ていなければなりません。でも兄も姉も大学に進学していたため、家に私が入学できる余裕がなかったんです。それほど裕福な家庭ではありませんでしたから……」

それでも声を生業にしたいと、高校卒業後に田中さんが選んだ仕事はバスガイド。都内に本社のある大手観光バス会社に就職した。しかし、ここでも挫折を味わう。

「話はいいから一曲歌ってよ!」

バスガイド新人時代の写真。同期の仲間とポーズ(画像:田中さん提供)

「高校時代にコンテストで優勝していたし、子どもの頃から声を褒められていたので、『軽いもんだろう』とナメていました。甘かったですね。バスガイドは、声がいいだけじゃダメなんです。その日行く観光名所の歴史やいわれ、車窓から見える風景について知っておかなければいけない。入社したての頃は、うまくお客さんに伝えられずヘコんでいました」

客層も様々だ。修学旅行の学生もいれば、地方から来た高齢者もいる。求められることが客によってまったく違い、戸惑うこともあったという。

「例えば社員旅行の方々は、お酒も入っている。歴史や文化の硬い話を聞くより、ワイワイ盛り上がりたい。『話はいいから一曲歌ってよ!』と言われたこともあります。バスガイドもサービス業です。なるべくお客さんの要望には答えていました。さすがに『一緒に酒を飲もう』と誘われた時は、『いいですけど別料金が高いですよ』とやんわり断りました」

入社して丸5年。仕事にも慣れノリのいい田中さんは、会社に五つあるうちの一つ営業所で利用者からの指名数がトップになる。

「私の中で一つの区切りになりました。バスガイドとして貢献できたかなと。すると再び、女子アナになりたいという気持ちが大きくなっていったんです。ただ、どうすればなれるのかわかりません。何かツテはないかと、『女子アナになりたい』と周囲にことあるごとに話していました」

そこで友人に紹介されたのが「トークナビ 」という会社だ。社員の大半が元NHKや地方局の女子アナで、イベントの司会や契約企業の広報をしている。田中さんはスグに応募。オーディションを受け、今年1月から念願の女子アナとして働いている。

「順風ではありませんでしたが、憧れの仕事にやっとつけました……。ただ、まだなりたてですから覚えることばかり。司会業だけでなくPRする商品の営業など、なんでもやっています。華やかな仕事ばかりでなく、裏方の作業も多いですが、それも楽しい。

夢は、『スッキリ!!』(日本テレビ系の情報番組)の阿部祐二さんのようなリポーターになることです。どんな現場でも、阿部さんは自分なりのリポートをします。私も独自色を出して、『田中だったら上手く紹介してくれるだろう』と期待してもらえる女子アナになりたい。両親や、兄弟たちも応援してくれています」

テレビの定番企画「大家族」として映る側から、女子アナとして伝える側へーー。見事な転身を果たした田中さん。人前に出てもあまり緊張せず前向きで入れるのは、「いつも賑やかだった家族のおかげ」と笑う。

バスガイド5年目。乗客たちと。この頃にはだいぶ仕事に慣れていたという(画像:田中さん提供)
女子アナとして司会の仕事中。声の美しさには子どもの頃から定評が(画像:トークナビ 提供)
キャラクターの濃い田中家のメンバー。中央のパンフレットを持った女性が女子アナになった田中さん。その上の男性が父親だ(画像:田中さん提供)
東京タワーをバックに。バスガイドとしての経験から身振りも美しい
  • 撮影西崎進也

Photo Gallary7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事