ドラフト1位指名の佐藤輝明&早川隆久「これから問われる真価」

プロ野球ドラフト会議2020  球界の未来を背負う投打のスターに肉迫  ドラフト会議直前に本誌に語っていた「本音」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
佐藤は187㎝、94㎏(足のサイズは30㎝)。大学No.1スラッガーであり、守備も巧みで、俊足強肩という大器。『ももいろクローバーZ』の大ファン

4球団による競合の末、阪神の矢野燿大(あきひろ)監督が「交渉権確定」の当たりくじを引き当てると、2020年のドラフト会議の主役は、その瞬間、ほんの一瞬だけ、目に光るものを浮かべた。

近畿大の大型野手・佐藤輝明は「12球団OK」の意向を表明していた。だが、仁川学院高校時代まで過ごした地元・兵庫の球団で、小学生時代にタイガースジュニアに選出されたこともある阪神こそ、意中のチームだったのだろう。会見では虎党を喜ばせる粋(いき)な言葉を口にした。

「浜風にも負けない強い打球を打ちたい。将来的には40本、50本と本塁打を打って、走ることもできて、トリプルスリーを狙える選手になりたい」

ちょうどドラフトの2週間前に、筆者が近大を訪ねた際、同大野球部の田中秀昌監督は上宮高校時代の教え子である元木大介(元巨人)などと比較し、「プロに行く野手の条件は、逆方向に強い球が打てること。その典型が佐藤だと思います」と評価していた。

佐藤の父・博信さんは、日体大の柔道部出身で、現役時代は五輪金メダリストの古賀稔彦らと汗を流したアスリート。そんな父に佐藤は身体作りの重要性を伝えられて育った。近大でのインタビューで、佐藤は当時をこう振り返っている。

「中学時代は無名の選手でしたし、僕自身は野球よりもサッカーのほうが好きだった。野球は漠然とやっている感じでしたね。ちゃんとやろうと思ったのは高校2年生の時。就職も考える時期じゃないですか。将来はプロ野球選手を職業にしようと思いました」

スポーツジムに日参して身体作りに励み、近大入学後は、1年春から外野手として出場機会を与えられ、三塁を守るようになった’18年には大学日本代表にも選出され、国際大会を戦った。

「(大学日本代表は)周りのレベルが高かったですけど、自分も負けていないと思えた。もっと練習すれば(プロに)行けるぞという感じでしたね。これまで敵わないと思った選手はいません。もちろん、抑えられたピッチャーはたくさんいますし、悔しい思いもしましたけど敵わないなんて思ったら一生打てないでしょう。とにかく野球に関しては自信があります」

福留孝介が退団し、近大の先輩である糸井嘉男も衰えが目立つようになってきた阪神では、外野が佐藤に用意されるポジションだろう。だが、花形のショートへの意欲も口にしていた。

「面白そうだから(笑)。好奇心ですね。チャンスがあるのなら、ショートだけでなくセカンドにも挑戦したい」

小宮山監督との出会い

育成を含めて123人が指名された今年のドラフトにおいて、投手の注目株筆頭は早稲田大の最速155キロ左腕・早川隆久だった。本誌のインタビューには「小学生の頃からロッテのファン。できることなら関東の球団に」と打ち明けていた。

その早川も佐藤同様に4球団が競合し、東北楽天が交渉権を獲得した。

鬼気迫る表情でマウンドに立ち、早稲田を勝利に導けば感情を爆発させる。だが、グラウンドを離れた早川から受ける印象は「精悍(せいかん)な22歳」だった。

「もっと悪ガキっぽい印象を持たれているみたいで(笑)。正直、プロ野球で今すぐに活躍できるかというと、不安はあります。(木更津総合高校時代に高校日本代表で一緒だった)寺島成輝(なるき)(東京ヤクルト)や藤嶋健人(中日)が苦しんでいるのを見ると、プロの世界は厳しいと思うじゃないですか。何が理由なのか、聞きづらいので聞いていないですけど……」

早川にとって大きかったのは、大学3年次に就任した小宮山悟監督との出会いだ。早稲田、プロ、そしてメジャーを経験した先人が早川に自信と指針を与えた。

「2年生の頃までは球速、球威を求める自分がいました。監督がコントロールの重要性と、ピッチングのメカニズムを教えてくれた。ここをこうすれば手の付けられないボールになるということを、丁寧に指導してくださった。発言の一つ一つに威厳があって、『一球の重み』を説いてくださいました」

小宮山監督も教え子のプロ入りに太鼓判を押していた。

「左で、155キロを投げることにばかり注目されますが、カーブ、スライダーにチェンジアップ、この秋はカットボールが良い形になっている。体格に恵まれて、その才能に驕(おご)ることなく努力して、このレベルにたどり着いた。それに尽きます」

高校球児の全国舞台がコロナ禍によって奪われる中、大学野球を盛り上げた投打の二人が今年のドラフト会議の主役を担った。ドラフトが終わり、会見を終えた佐藤は筆者にこう言った。

「早川は今年のナンバーワン投手。リーグは異なりますが、いつか対戦して、その時は必ず打ち返したい」

一方の早川は憧れの投手として高卒1年目から11勝を挙げた元楽天の田中将大(ヤンキース)の名を挙げ、世界への飛躍を誓った。

ドラフト会議終了後、佐藤は阪神の帽子を被り、母校の名物である近大マグロの前でガッツポーズ
早稲田のエースで主将も務める早川。東京六大学秋季リーグ戦では5試合に登板して防御率は0.25。180㎝、76㎏。趣味は読書(撮影:小松寛之)

『FRIDAY』2020年11月13日号より

  • 取材・文柳川悠二

    (ノンフィクションライター)

  • 撮影加藤慶(1枚目)、小松寛之(3枚目)

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事