スクープ

「影の支配者」二階幹事長が自民党幹部を集めてゴキゲンな夜

東京・築地にある客単価3万円以上の高級料亭が会場 「憲法改正」を話し合うという名目で……

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
衛藤氏(左)、中谷氏(右)らに見送られ、料亭を後にする二階氏(中央)。名物の「水炊き」に舌鼓を打ったのだろうか

81歳にして、我が世の春を謳歌しているのだろう――。10月29日夜、自民党ナンバー2であり、「令和のキングメーカー」とも呼ばれる二階俊博幹事長が、東京・築地の高級料亭から現れた。マスク越しだが、笑みを浮かべているのがわかる。

コロナ禍の中、この日の宴席に参加したのは、二階幹事長のほか、岸田文雄前政調会長(63)、細田博之元幹事長(76)、森山裕国対委員長(75)、竹下亘元総務会長(74)、山本有二元農水相(68)、中谷元元防衛相(63)など自民党各派閥の領袖(りょうしゅう)クラス。永田町を長年取材するジャーナリスト・赤石晋一郎氏が言う。

「自民党の憲法改正推進本部長を務める衛藤征士郎元衆院副議長(79)の発案で、二階氏が招集したそうです。これだけの重鎮を一堂に集められるのは、党内でも二階氏だけでしょう。党是である憲法改正をどう進めるかを話し合うのが名目で、年末までに推進本部で独自の憲法改正案をまとめ、国民投票法の改正法案成立を目指すことを確認したと聞いています」

また、この会合は二階幹事長にとっては、別の目的もあったという。

「各派閥が今、どういう空気感なのか把握したかったのでしょう。石破茂元幹事長(63)が派閥の会長を辞任したことをどう見ているか、菅義偉政権の1ヵ月をどう考えるかなど、二手三手先を読んでいくための深謀の場でもあったと思われます」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

ネックは年齢だけ。二階幹事長の権勢はしばらく続きそうだ。

『FRIDAY』2020年11月20日号より

  • 撮影結束武郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事