坂口杏里「絶叫動画」が拡散…ネット上でケンカ勃発も即謝罪の謎

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
かつては新宿歌舞伎町で夜8時から朝9時まで13時間飲食を楽しむこともあった坂口杏里(’14年)

「たまにはキメて出勤でいいですか~~!?ストレス溜まってんだよ~~!!あ~~~~!!!」

これは女優・坂口良子さん(享年57)の長女である坂口杏里が発した絶叫だ。彼女の衝撃動画が今ツイッターなどで拡散され話題になっている。

事の発端は、11月7日に坂口が“監禁された”としてSNSに写真を投稿したことだった。

《両手両足口縛られ、縛り付けられトイレも行けない、お風呂もまともに入れない顔面なんて殴られてこの前までとてもじゃないけど、外に出れない》

と痛々しい両手両足の傷痕の写真を投稿した。

坂口といえば、‛16年に芸能事務所を退所し、セクシー女優へと転身したことが話題となった。‛17年と‛19年に元交際相手の同じホストへの恐喝未遂で逮捕(ともに不起訴)されるなど世間を騒がせた。

その後は風俗やキャバクラを転々とし、最近では新宿歌舞伎町のバーで働いていたのだ。

そのバーの店主と思われる人物が4日にツイッターで、

《本日をもって坂口杏里をクビにした》
《再起不可能と判断致しました》

という投稿をしたのだ。そしてその証拠として坂口が錯乱している動画もツイッターに投稿。それが冒頭のセリフだ。

すると坂口は否定し、“店側に監禁された”と主張しネット上でケンカが勃発していた。

「店の言い分としては無断欠勤していたので、自宅に見に行くと様子がおかしかったので、3週間看病をしたということです。動画では正常とは思えないような奇声を上げていましたが、どうしてそうなったのかは不明です。双方の言い分もどちらが正しいのかも分かりませんが……」(芸能リポーター)

しかし8日の夜、坂口がツイッターに投稿した内容は目を疑うようなものだった。

《本当にお騒がせ致しました。私は物凄い記憶違いをしていました。記憶が戻って来ました。(実際は店名)の人達、会長は私をいつも大切にしてくれてました。私がおかしくなっている時ずっと側に居てくれていました。本当にごめんなさい。許されるとは思ってないけどそれが真実です》

何があったのかは不明だが、坂口が折れる形でこの件は終幕を迎えたようだ。そして、坂口はまた歌舞伎町の新しいバーで働いていることをツイッターで明かした。

また、11月10日には元ジャニーズJr.で、現在は週刊誌記者をしている田中斗希氏との交際を唐突にツイッターで宣言。幸せそうなツーショット写真も公開しているが、とにかく天国の母をこれ以上心配させないことを願うばかりだ……。

  • Photo高塚一郎

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事