人気声優・花澤香菜が語る中国アニメ映画『羅小黒戦記』の魅力

中国国内興行収入は驚異の3.15億元(49億円) 日本が誇る豪華声優陣が勢ぞろい

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
アニメ映画の吹き替えでは初めて主演を務めた花澤香菜。猫と少年を行き来する難しい役だが、楽しかったと振り返る

今「中国のジブリ」が注目を集めている――。

昨年9月の公開から1ヵ月で興行収入3.15億元(49億円)を突破した中国のアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』の日本語吹き替え版が、11月7日より全国公開。黒猫の妖精・シャオヘイの成長を描いた同作には豪華声優陣が集結。主人公の声を花澤香菜が、妖精のフーシーを櫻井孝宏が、敵対する人間のムゲンを宮野真守が演じる。

最大の魅力は、「手描き」で行う2Dアニメへのこだわりだ。大自然を温かみのある絵柄で表現、神秘的な世界観もあいまって「中国版ジブリ」との呼び声も高い。主演声優の花澤も、その魅力のとりこだという。

「巨大な森や海といった自然、物語の終着点である〝館〟といった建築物など、すべてが綺麗で、どこか懐かしい。そんなあったかい世界が大好きです。一方、アクションシーンはスピーディーで迫力満点。そのメリハリは新鮮でした」

主人公・シャオヘイについては、こう語る。

「黒猫の姿と少年の姿を行ったり来たりするんですが、どちらもキャラクターデザインが最高で、とにかく可愛くて可愛くて! シャオヘイは、いろんな出会いを通じて、考え方がどんどん変わっていく。演じるうえでは、自分の選んだ道を突き進む芯の強さと、子供らしい無邪気さという二つを意識して演じました」

日本でも大ヒットとなるか。

妖精の住処〝館〟を目指すシャオヘイ(右)とムゲン。物語では2人の師弟の絆が描かれる © Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
本誌未掲載カット 花澤香菜 映画『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』を語る
本誌未掲載カット 花澤香菜 映画『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』を語る

『FRIDAY』2020年11月20日号より

  • 撮影結束武郎

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事