小林麻耶『グッとラック!』降板のウラにスピリチュアルな夫の影

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
女性誌では”海老蔵似”とも書かれた夫・あきら氏とショッピングをする小林(‘18年)

11月12日、朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)から、木曜レギュラーとして出演していたフリーアナウンサーの小林麻耶の姿が消えた。すでに番組HPからも名前が削除されている。

「12日早朝、小林が夫であるあきら氏と立ち上げ出演しているYouTubeチャンネルのライブ配信で、前日の午前中に番組側から降板を言い渡されたと発言。理由については、自分が担当しているファッションコーナーで、番組スタッフとのトラブルになったことを理由に挙げていました。TBSは即座に『事実ではない』と否定しています」(芸能レポーター)

テレビ局の改編時期といえば、4月と10月。特にグッとラックは10月期から田村淳をレギュラーコメンテイターに起用するなど、大リニューアルしたばかり。

たった1か月でレギュラー出演者を降板させるというのは、よほどの理由があったように思われるが……。

「実は、降板については10月に入ってから小林と局側で話し合いが行われていたんです。番組サイドは彼女の不満点などをヒアリングし、改善点を探っていた。ですが、彼女の主張に番組としてもなかなか飲めない部分があったそうですよ。まあ、交渉決裂の末の降板ということでしょうね」(ワイドショー関係者)

この日、番組内では小林の降板については触れられず。彼女のポジションには、元フジテレビのフリーアナウンサー中村仁美が、代役として出演していた。

「実は‘18年に結婚した麻耶さんの旦那さんが、この番組からの降板を麻耶さんにアドバイスしていたそうなんです。彼は整体師なのですが“宇宙ヨガ”によるヒーリング効果を謳うなど、スピリチュアルな面も持っている。彼女に“テレビ局の方角が悪い”とか、“楽屋の場所が風水的に良くない”など、いろいろと助言していた…と聞いています。番組も彼女サイドからいろいろな注文を言われ、かなり参っていたのは間違いないでしょう」(TBS関係者)

夫の影響なのか、最近では占い師的な活動もしている小林。改善の難しい点が原因で番組降板となれば、番組側としても納得しづらいのは仕方ないだろう。

小林が所属する事務所も「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為」という理由で同日に契約終了を発表している。彼女はいったいどこへ向かうのか――。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事