可愛すぎる『めざまし』渡邊渚アナ 武器は芸人も絶賛の「対応力」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
渡邊アナはバラエティー番組を担当したいとインタビューで語っている。プロフィールページには「視聴者に元気や笑いを届けたい」と意気込みも(写真:フジテレビ公式ホームページより)

今年4月にフジテレビへ入社した渡邊渚アナウンサーが、同局のバラエティー番組『もしもツアーズ』の4代目もしツアガイドに就任。坂下千里子や平愛梨、福原遥などが歴任してきたが、同局の女子アナがガイドに抜擢されるのは初めてだ。

「渡邊アナは『もしツア』のほか、同じく9月から『めざましテレビ』のフィールドキャスターを務めています。かわいらしい顔立ちに、無邪気な雰囲気は初々しく、スタイルもバツグン。それでいてとても親しみやすい才色兼備。フジテレビにはなかなかいないタイプです」(スポーツ紙記者)

高校2年生のときに雑誌『Seventeen』(集英社)主催のオーディションに出場、ファイナリストに選ばれた。慶應義塾大学に入学すると、 ‘16年にミス慶應ファイナリストに選出。’17年からは芸能プロダクションの生島企画室に所属し、リポーターなどの芸能活動も行っていたという。女子アナ界で、いま最も注目の新人だ。

「4月の入社以来初となる番組出演は、8月に放送された『ネプリーグ』でのゲスト解答者。慶應義塾大学卒業で、漢字検定準1級を所持する彼女は大いに現場を沸かせました。でも、予想外の部分で注目を集めてしまって……」(フジテレビ関係者)

実際に“渡邊渚”でニュースを検索してみると、

「隠れ美バスト」
「Gカップ」
「ナギパイ強調」

などといった記事が乱立している。

「番組出演時に身体にフィットするようなニットを着用していたため、ボディラインが強調されていたんです。そのうえ、問題に正解するたびに両手を上げて飛び跳ねるので、胸の揺れが気になってしまって……。その日の放送がSNSなどで拡散され、彼女の注目度は爆上がりしたといっても過言ではありません。

本人がとあるインタビューで“ナギパイ”というあだ名で呼ばれていたことを明かしており、『ネプリーグ』後からはナギパイという愛称が定着しています」(同・フジテレビ関係者)

思わぬところで人気に拍車がかかった渡邊アナ。見た目が取りざたされているが、局内では新人らしからぬ“対応力”の高さも評価されているという。

「『めざましテレビ』では、台風中継で静岡県熱海市からリポートをしましたが、落ち着いた応答ができていましたね。入社試験では『うまい棒』の早食いを披露する “バラエティー力”を発揮し、『もしツア』の食レポ中には鼻の頭にクリームを付けてしまう “あざとさ”などを見せてくれる。彼女の臨機応変さはピカイチなんです」(同・フジテレビ関係者)

周囲が絶賛する対応力を培ったのは、ラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』(毎日放送)だ。土曜の深夜に放送される生番組で、彼女が出演していた当時は有野晋哉(よゐこ)・加藤浩次(極楽とんぼ)・田村亮(ロンドンブーツ1号2号)・徳井健太(平成ノブシコブシ)がMCを務めていた。渡邊アナは当初、女性タレントや女性芸人からなる“ヤンヤンガールズ”として番組に出演していた。

「“ヤンヤンガールズ”は10人超ほどいて、エピソードトークをすることもあれば、学力テストやカラオケ対決など、さまざまな企画に挑戦することも。1位になった人はフリートークの時間をもらえるというシステムでした。渡邊アナはテストだけでなく、料理対決などでも強かった。彼女の特技の“うまい棒の早食い”も、この番組で生まれたものなんですよ。基本、このガールズは1年で入れ替わります」(前出・スポーツ紙記者)

しかし彼女は‘18年から1年間のヤンヤンガールズ期間を経て、’19年4月にはMCへと昇格したのだ。実は当時から彼女の適応力は高かったようで、ベテラン芸人たちの度肝を抜いている。

「渡邊さんの番組内でのキャッチコピーは《渚なのに泳げない!まだ誰のものでもありません。現役慶應生、渡邊渚です》というものでしたが、あるとき“実は、彼氏いたんです!”と明かしてMCの加藤さんをオロオロさせていました。明かした本人はあっけらかんとしていましたね(笑)」(番組制作スタッフ)

企画ではガールズ同士で競い合う形になるので、ある時には口論のようになることもある。そんなときに、“慶應出身の負けず嫌い”キャラを活かしてヒールを買って出たのが渡邊アナだった。

「“慶應生は欲が凄い”“気が強い”“プライドが高い”など、加藤さんからイジられていた自分の性格を逆手に取って、見事に立ち回っている印象でした。かわいいだけではなく、嫌われるような汚れ役もしっかりこなしてくれる安心感がありましたね」(同・番組製作スタッフ)

その時の様子をMCの有野はTwitterで、

《悪者をかってでる 女子には難しい役どころだが、やると決めたのなら とことん悪く映るよう色を補正する。所詮、色をくっきり出させるしか出来ないので、薄くても色は出してみる。染まった色は 仕事場ごとに変えれば良い。求められる色は多い方が得なのだ》

と、大絶賛している。

「“よく見られたい”というプライドが邪魔をする中で、彼女のふるまいは番組的にはとても的確でした。このように引いた目で見ることができることは、アナウンサーとしてはとても大切な資質なんです。生放送で培った瞬発力や、多くのMCやガールズとトークを繰り広げる対応力はこの先もいきてくるでしょうし、彼女の武器だと思います」(前出・フジテレビ関係者)

入社当時、「出演者の話を引き出しながら、視聴者に元気や笑いを届けられるようになりたい」と語っていた渡邊アナ。今後、その笑顔に元気づけられる機会も増えることだろう。彼女の成長に期待したい。

  • 藤井承太郎写真フジテレビ公式ホームページより

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事