降板騒動の小林麻耶 夫と朝から「洗脳ドッキリ」生配信で非難の嵐

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
夫のあきら氏と「洗脳ドッキリ」をYouTubeで公開した小林麻耶(‘18年)

「前回の瞑想だって洗脳してたんでしょ?」
「私知らなかったもん 洗脳されてるって」

11月16日に小林麻耶と夫の“あきら氏”がYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』で生配信した内容が物議を醸している。

13日には『グッとラック!』(TBS系)の降板騒動の直後だったにもかかわらず、夫婦ともに何の説明もなく、2人で17分近く瞑想をするだけの動画を投稿していた。

そして土日を休み、月曜の早朝から行われた生配信ではいつものデレデレとした夫婦の様子は見られず、夫のあきら氏は無言でふてくされているような態度を貫いた。小林は、

「機嫌悪いの?」

と心配するも、夫は無視。そして、小林は冒頭のような世間で話題になっている“洗脳”について核心をつくような質問をあきら氏に投げかけたのだ。彼は、

「今日は失礼いたします」

と言うと画面からフレームアウト。小林は「え!?」と驚き、その後は一人ぼっちになった模様が生配信された。そして数十秒後、あきら氏が戻ってくると

「ジャッジャーン!ドッキリでした!」

と夫婦揃って笑顔でネタばらしをしたのだ。これに対しコメント欄には

《麻耶さんを心配した自分がバカでした》
《完全にご主人にいいようにされているようにしか見えませんよ》

といった批判的なコメントが殺到。「いいネ」が400を超えるくらいなのに対し、「バッド」は4000オーバーと10倍くらい差がついている(11月16日現在)。

あきら氏は「へっへっ」と笑い、達成感のようなものを感じたのか、配信はわずか6分40秒で終了となった。

「小林さんは夫に対し、全幅の信頼を寄せている。生島企画のマネージャーも複数人交代し、最後は社長がマネージャーをやったのですが、それでも言うことをきかないので契約解除となった。夫は現場に同伴してスピリチャル的な発言をして、テレビ局に対しクレームのような注文を入れていました」(テレビ局関係者)

元々はEXILEのバックダンサーをやっていたあきら氏だが、突然“ヒーリング整体”というスピリチュアルな世界に足を踏み入れた。今ではコロナ禍にうってつけの“リモート整体”という新ジャンルを確立し、自身のブログなどでアピールしている。

「“洗脳”という言葉をあえて動画で使っていたのが驚きましたね。小林にすれば“私が愛する夫から洗脳なんてされるはずがないでしょ”という気持ちの裏返しでしょう。それ以上に『グッとラック!』の降板騒動に対し、夫婦が沈黙を貫いているのが不気味ですね……」(芸能レポーター)

古巣であるTBSとトラブルを起こしたことを考えれば、小林がすぐにテレビに出演することは難しいだろう。それだけに、話題になりそうなネタをYouTubeで次々と公開していくで、世間の注目を集めるつもりなのだろうか――。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事