「筋肉女子専門ガールズバー」にフライデー記者が潜入してみた | FRIDAYデジタル

「筋肉女子専門ガールズバー」にフライデー記者が潜入してみた

「筋肉がカレシです♡」 ボディビル日本一を目指す女子やムキムキ系セクシー女優が在籍

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
筋肉女子専門ガールズバーにFRIDAY記者が潜入!

「いらっしゃいマッスル~!」

野太い声とともに出迎えてくれたのは、4人の筋骨隆々な女性たち。ここは、東京・池袋にある筋肉ムキムキな女性店員専門のガールズバー『筋肉女子 マッスルガールズ』だ。11月上旬、体力だけには自信がある本誌男性記者M(身長183㎝・体重75㎏)がこの店に潜入。試しに身長158㎝の小柄な女性店員、えりマッスル(24)に力比べを挑んでみた。

左上から時計回りに、セクシー女優でもあるよたマッスル、えりマッスル、ふうかマッスル、ジュリコマッスル(撮影のため一時的にマスクを外しています)

本誌記者M「頼も~!」

えりマッスル「エイヤッ!」

本誌記者M「イタタタタッ!」

さっそく軽々と持ち上げられ、プロレス技をかけられてしまった本誌記者M。それもそのはず、えりマッスルはボディビルの大会で東日本4位に輝いたこともある筋肉の持ち主なのだ。

えりマッスル「19歳のときにカレシにフラれ、見返したくて筋トレを始めました。それから恋人がいないので、筋肉がカレシみたいなものですね」

本誌記者M「僕がカレシになりますよ」

えりマッスル「筋肉がないので願い下げです(笑)」

本誌記者M「ガーン!」

彼女との会話を楽しんでいると、突然、店内にアイドルソングが流れ、店員たちによるダンスパフォーマンスが始まった。4人の店員たちはジョッキに注がれたプロテインを片手に、リズムに合わせて自慢の筋肉をアピールしてくれた。

本誌記者M「パチパチパチ。素晴らしいパフォーマンスでした!」

えりマッスル「普段からお酒は飲まないんです。食事は鶏むね肉とゆで卵と玄米だけ。でも、ボディビルの大会後は、自分へのご褒美としてプロテインで作ったパンケーキを食べたりしますよ」

本誌記者M「そこもプロテイン!」

約1時間後、「ありがとうございマッスル~!」という言葉を背に受けつつ、本誌記者Mは店を後にした。

あなたもお気に入りの〝マッスルガール〟を見つけてみてはいかがだろうか。

体重75㎏もある本誌記者Mを軽々と持ち上げるえりマッスル。バーベルを持ち上げるデッドリフトの最高記録は130㎏だという
本誌未掲載カット よたマッスル 筋肉女子専門ガールズバーにFRIDAY記者が潜入!
本誌未掲載カット ジュリコマッスル 筋肉女子専門ガールズバーにFRIDAY記者が潜入!
本誌未掲載カット えりマッスル 筋肉女子専門ガールズバーにFRIDAY記者が潜入!

『FRIDAY』2020年11月27日号より

  • 撮影會田園

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事