横浜・山下ふ頭に実物大の「動くガンダム」が出現のド迫力

ファンにはたまらない! 身長18m 重さ25t TVシリーズ放送開始から40年以上、 今も愛され続けるロボットアニメ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
横浜・山下公園を臨む位置に設置されたガンダム。頭部やボディを間近で観察できる特別観覧デッキも備え付けられている。会期は12月19日から’22年3月31日までで、公式サイトからチケット購入が可能

横浜の街を背景に、堂々たるオーラを放つ巨体。世代を超えて愛されているロボットアニメ『機動戦士ガンダム』が昨年、誕生40周年を迎えた。それを記念して開催される期間限定イベント『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』の目玉が、ビル6階相当の高さを誇る、この〝動く実物大ガンダム〟だ。

本誌が付近を訪れた際には、運用テストが行われていた。激しい効果音に合わせて四肢を動かすガンダムは躍動感に溢れ、全体がライトアップされるとさらに貫禄が増すようにも見える。『『機動戦士ガンダム』の演説に学ぶ人心掌握術』(集英社)などの著書があるライターの石井誠氏はこう話す。

「30周年でお台場にガンダムの立像が建った時、52日間で約400万人が訪れました。当時も関節の構造がリアルに作り込まれていましたが、今回はもっとすごい。腕を捻る軸の所に円盤型の部品が入るなど、巨体を動かすための細かなディテールがかなり盛り込まれているんです。

10年前をはるかに超えたクオリティで、『まさか歩くなんて! 巨大な足が持ち上がる様子は圧巻だろうな』とファンの間でも盛り上がっています」

アニメの中に入り込んだような迫力を味わえること間違いなしだ。

本誌未掲載カット 横浜・山下ふ頭に実物大の「動くガンダム」が出現!
本誌未掲載カット 横浜・山下ふ頭に実物大の「動くガンダム」が出現!
写真・AFLO
写真・AFLO
写真・AFLO

『FRIDAY』2020年11月27日号より

Photo Gallary6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事