伊藤健太郎「事務所が文春への抗議削除」のウラにメディア対策か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
週刊文春の記事では、伊藤の素行を詳細に報じていた。この内容に対する抗議文を所属事務所が掲出していたが、いつの間にか消えている(写真:アフロ)

《週刊文春の対応を踏まえ、法的措置を含め適正な対応を行う予定でありますことをご報告いたします》

10月28日に都内でひき逃げ事件を起こした俳優の伊藤健太郎。11月5日発売の週刊文春は『伊藤健太郎の暴走人生』と題し、彼の“ウラの顔”を報じていた。

「記事の中では、交際女性へのDVや中絶の強要があったとことを掲載。また、独立の際に伊藤の父親が前事務所の社長に対してかなり強い口調で話していたことも書かれていましたね」(芸能レポーター)

それに激怒したのが、伊藤が今年9月に移籍した芸能プロダクション「イマージュエンターテインメント」だ。

文春発売日と同時に自社のサイトに冒頭のような抗議文を掲載。さらに、ライバル誌で同日発売の週刊新潮に馬淵哲夫社長が自らインタビューに応じ、

《前事務所で彼がハッピーでなかったということです。ハッピーだったら辞めませんよね》

と、伊藤と前事務所との確執を証言。文春への当てつけか…とばかりに、普段なら表に出て来ない移籍の裏側を明け透けに語っていた。

裁判の可能性にまで触れ、強硬な姿勢をみせていた所属事務所。だが、抗議掲載から5日後の10日ころには、ホームページ上からその文章が削除されていたという。現在、サイトを見てみても『伊藤健太郎に関してのご報告』『当社所属 伊藤健太郎の逮捕報道に関しまして』という事故への謝罪文はあるが、たしかに文春への抗議文は見当たらない。

「文春編集部がイマージュ側に抗議撤回を求めたのではないか、という話を聞きました。それを受け、ホームページに公開していた抗議文をひっそりと消したのかもしれません。その事実関係はともかく、あんなに強気だった事務所側があっさり折れたのであれば、驚きですけどね」(週刊誌関係者)

だが、あるワイドショー関係者は、事務所側の対応はある意味“上手だった”と話す。

「ワイドショーとしては、週刊文春の記事を引用しながら伊藤の素顔を報じたかったのですが、“法的措置”案件となると後々、自分たちも火の粉を被る可能性があるので、プロデューサーなど上層部は腰が引けてしまった。

だからこそ、ほとんどのテレビやスポーツ紙は記事の“後追い”をしませんでした。たとえ文春への抗議がポーズだったとしても、事務所としては結果的に報道を押さえることができたなら“ニンマリ”じゃないですか」

そこで、抗議文を削除したことについてイマージュエンターテインメントに質問をしたところ、本サイトの質問に対して回答期限までに返答は頂けなかった。

抗議するだけしてあっさり引いたのだとすれば、伊藤の今後と同じく、なんとも不透明な話だ。

  • 写真アフロ

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事