追悼・坂田藤十郎の「開チンスクープ」マル秘エピソード

生き方そのものがスター 70歳の時に50歳も下の舞妓と不倫! 「一生青春」の名言はこの写真で現実に

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
相合い傘で京都の川沿いを歩く二人。宿泊するホテルに向かう藤十郎さんの足取りはスキップするように軽かった

「一生青春」の名文句が有名となった本誌スクープは、坂田藤十郎さん(享年88)が70歳のときのことだった。

’90年に三代目・中村鴈治郎(がんじろう)を襲名、’94年には「人間国宝」になっていた歌舞伎界の大物の逢瀬をキャッチしたのは、’02年、5月下旬の京都だった。午前0時近く、降り出した五月雨を気にする様子もなく、藤十郎さんは美人舞妓と木屋町をそぞろ歩く(上写真)。情緒ある町並みと相まって、何とも絵になる二人だった。

「お相手は、祇園でも3本の指に入る美人舞妓・Tさんでした。元フジテレビアナウンサーの内田恭子さんをさらに美人にしたような顔立ちに加え、気品があってお酒もいけるので、大変な人気がありました。しかも、当時、まだ二十歳になったばかり。藤十郎さんとは50歳の年の差がありました」(祇園関係者)

Tさんが大のお気に入りだった藤十郎さんは、連日のように逢瀬を重ねた。ある日の公演後、藤十郎さんはタクシーに乗って宿泊先のホテルへ帰館した。

ひとっ風呂浴びたのか、白いバスローブを羽織った姿で何度も部屋のドアから顔を出し、何かを待っている様子。すると、ほどなくしてTさんが姿を現し、足早に部屋の中へ消えたのだった。

約2時間後、部屋を出るTさんをドアの前で藤十郎さんが見送る。世間を大いに騒がせた〝あの場面〟は、次の瞬間訪れた。

Tさんを呼び止めた藤十郎さんが、突如、バスローブの前をバッ! 人間国宝のお宝を「開チン」したのであった。

本誌報道後の顚末はご存じの通り。自宅前で芸能レポーターに囲まれた藤十郎さんが、

「一生青春、70歳なのにこんなふうに報じられてうれしい。世の男性も頑張ってほしいですね」

と、笑顔で答えると、周囲は大爆笑。当時国土交通大臣だった扇千景夫人も、

「全然、気にしていないわ。(男は)モテたほうがいい」

と、本誌の直撃に応じ、いまでは考えられないような爽(さわ)やかな不倫スキャンダルとなった。

とはいえ、後日談については、本誌だけが知る㊙︎エピソードもある。夫の不貞を笑い飛ばした千景夫人だが、実は、家の中では藤十郎さんをこってりと絞り上げていた、というのだ。

「宝塚のトップスターだった扇さんと’58年に結婚する前から、藤十郎さんは祇園で『一番遊んでいる男』として有名でした。扇さんもそれをわかっていて結婚をした。隠し事のないオープンな夫婦だからこそ、藤十郎さんの火遊びをキツく叱り、それで手打ちとしたんでしょう」(ベテラン芸能記者)

㊙︎エピソードはもうひとつある。騒動も一段落した頃、本誌は藤十郎夫妻があるパーティに出席するとの情報を入手。「あの騒動を振り返って」というテーマで夫婦インタビューを依頼すべく、記者はパーティに潜入し、二人に声をかけた。すると藤十郎さんは、ほんの一瞬だけ絶句して妻の顔を見た後、

「それは止めておきましょう」

と、満面の笑みで答えたのだった。

生き方そのものがスターだった藤十郎さん。まさに一生青春。合掌。

帰ろうとする不倫相手の舞妓を呼び止め、突然、お宝を「開チン」。イタズラ盛りの少年のような笑顔だった

『FRIDAY』2020年12月4日号より

  • 撮影野沢たか(1枚目)

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事