激変…!マコーレ・カルキンらセレブたちの「愛犬さんぽ」8連発 | FRIDAYデジタル

激変…!マコーレ・カルキンらセレブたちの「愛犬さんぽ」8連発

コロナ禍での貴重なプライベートショット 。ハリソン・フォードやメリル・ストリープはどんなペットを連れている?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

『ホーム・アローン』主演で知られるマコーレー・カルキン(40)はカートに猫を乗せ、犬を連れた彼女と散歩デート 写真:アフロ

ハリソン・フォード(78)

高級住宅街を悠々と歩く、可愛らしいワンコたち。コロナ禍で家にいる時間が増えたことが影響しているのか、ここ数ヵ月、海外セレブと愛犬の散歩姿が数多く目撃されている。ロサンゼルス・ハリウッド在住のエンタメジャーナリスト、仲野千晶氏はこう話す。

「セレブ達にとって犬を飼うことは、純粋に癒やしになるというだけでなく『私には動物愛護のマインドがある』と、世の中に対してアピールできるというメリットもあります。実際に、ナオミ・ワッツの愛犬はドッグシェルターから譲り受けてきた、いわゆる保護犬だといいます」

プライベートジェットから降り22歳年下妻に犬のリードを託す『インディ・ジョーンズ』主演俳優のハリソン・フォード(78) 写真:アフロ

セレブとペットの最新ショットはご覧の通り。ハリソン・フォードは自ら所有し操縦するプライベートジェットにも、複数の犬たちを搭乗させて出かけている。メリル・ストリープはサンタモニカの街で日差しを浴びながら、愛犬と長時間の散歩を楽しんだ。オーランド・ブルームに至っては、亡くなった犬の名前をタトゥーとして左胸に刻んだというエピソードをもつくらいの愛犬家だ。

「ハリウッドの名女優マリリン・モンローも、かなりの動物好きとして知られていました。生前、マルチーズやバセットハウンドなどを飼っていた彼女は、『犬はけっして私に嚙(か)みつきません。嚙みつく(裏切る)のは人間だけです』という名言を残しています」(セレブライター)

現代に生きる世界的セレブ達も、誠実な愛犬と一緒の時は、せわしない日常を忘れて癒やされていることだろう。

アイラ・フィッシャー(44)

ピンクのキャップを身に着け、モコモコの大型犬と一緒にロサンゼルスでハイキングを楽しんだ 『グランド・イリュージョン』のアイラ・フィッシャー(44) 写真:アフロ

アンバー・ハード(34)

ジョニー・デップの元妻アンバー・ハード(34)は、新恋人である撮影監督ビアンカ・ブッティのペットを連れていた 写真:アフロ

ナオミ・ワッツ(52)

『キング・コング』や『マルホランド・ドライブ』で知られるナオミ・ワッツ(52)は、青いニットのような服を愛犬に着せ、ニューヨークを闊歩。ペットのオシャレも欠かさない所にこだわりを感じる 写真:アフロ

メリル・ストリープ(71)

デニムにビーチサンダルというラフなファッションに身を包んだメリル・ストリープ(71)。リラックスした表情で愛犬との一時を過ごした 写真:アフロ

マコーレー・カルキン(40)

『ホーム・アローン』主演で知られるマコーレー・カルキン(40)はカートに猫を乗せ、犬を連れた彼女と散歩デート 写真:アフロ

ヒュー・ジャックマン(52)

ヒュー・ジャックマン(52)は13歳年上の妻デボラ=リー・ファーネスと共にハドソン川をお散歩。2匹の顔は飼い主に負けない凛々しさだ 写真:アフロ

オーランド・ブルーム(43)

夏に愛犬「マイティ」を亡くしたことを報告したオーランド・ブルーム(43)。新しく家族に迎えた白い子犬を軽々と抱えていた 写真:アフロ
『FRIDAY』2020年12月4日号より
  • 写真アフロ

Photo Gallery8

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事