進次郎&滝川クリステル 夜の散歩で愛犬オシッコ放置の一部始終 | FRIDAYデジタル

進次郎&滝川クリステル 夜の散歩で愛犬オシッコ放置の一部始終

22時の子連れディナー一部始終

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
胸に息子、右手に妻、左手に愛犬。後ろに二人のSPを引き連れて、小泉大臣が夜の商店街をゆっくり歩く

11月中旬の20時半頃、広尾(渋谷区)の商店街をスポーツウェア姿で歩く小泉進次郎環境大臣(39)を発見した。今年1月に誕生した長男を胸に抱き、左手で愛犬ラブラドールレトリバーのリードを引く。右手に腕を絡ませる滝川クリステル(43)は、いささかふっくらとした様子だ。

後ろにはシャツの上にスポーツウェアを着用した屈強な男性が二人。小泉大臣を警護するSPである。一行は人影の少ない夜の商店街を30分ほど歩き、広尾駅近くのイタリア料理店に入った。

夫妻はそれぞれ赤ワインと白ワインを注文。水の入ったグラスを持ったSPと乾杯をして、遅めの夕食を始める。料理が運ばれてくると、息子をSPに預けて、小泉大臣はパスタを食べる。離乳食代わりなのだろうか、SPに抱かせた息子に食べさせるシーンもあった。

パスタの次はステーキが運ばれ、夫妻はコース料理を堪能した。仕事とはいえ、夜遅くに大臣の外食に付き合わされるSPたちの胸中やいかに――。

同席したSPと楽しく談笑しながら、コース料理を堪能した小泉夫妻。小泉大臣は食事の間、何度も息子に頬を擦り寄せるなど、可愛くて仕方がない様子

政治ジャーナリストの角谷浩一氏が眉をひそめてこう話す。

「小泉大臣から食事の手伝いをお願いされたら、SPも応じざるを得ないのでしょう。今の日本では暴漢に襲われるような事態は起きないでしょうが、SPは要人を守るのが職責で、食事の世話は仕事ではありません。小泉大臣の一家団欒(だんらん)の時間はもちろん大切ですが、夜遅くに乳児を連れ、SPを付き合わせてまで外食する必要があるのかは疑問です。

小泉大臣の会見を聞いていても、いつも言葉遊びレベルの発言しかせず、政策を勉強している素振りもない。仮にも将来の総理候補と目されているのですから、もう少し政策を学んだり、外部に人脈を築いたりする努力も必要ではないか」

22時になると、一行は立ち上がり、店を後にした。愛犬は店内でよほど尿意を我慢していたのか、歩道で3回もオシッコ。小泉夫妻はそれを放置したまま、自宅へと帰っていったのだった。

本誌未掲載カット 小泉進次郎&滝川クリステル 22時の子連れディナー一部始終 SPが乳児の世話&愛犬のオシッコ放置
本誌未掲載カット 小泉進次郎&滝川クリステル 22時の子連れディナー一部始終 SPが乳児の世話&愛犬のオシッコ放置
本誌未掲載カット 小泉進次郎&滝川クリステル 22時の子連れディナー一部始終 SPが乳児の世話&愛犬のオシッコ放置

『FRIDAY』2020年12月4日号より

  • 撮影立原笑美

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事