小林麻耶 レギュラー消滅も頼りのYouTubeは低評価の嵐

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
レギュラー番組が消滅してしまった小林麻耶。夫であるあきら氏とのYouTube番組に活路を見いだせるのか…(‘18年)

フリーアナウンサーの小林麻耶が、11月28、29日に出演予定だった競艇番組『BOAT RACEプレミア』(TOKYO MX)の生放送の司会を休演する。まだ降板が決定したわけではないというが、前所属事務所「生島企画室」から契約解除になったため、継続するのは困難と思われる。

「番組はプロダクションとの関係性があるので、トラブルを起こして辞めた小林さんと改めて契約してまで起用し続けることは考えにくい。ましてや夫が現場に同行してややこしいことを言ってくるとなれば、なおさらやめておきたいと考えているでしょう」(芸能プロ関係者)

夫のあきら氏はスピリチュアル力で整体を行う“宇宙ヨガの使い手”と自ら話している。テレビ局の楽屋の位置なども相性が悪ければ口を出し、小林はそれを完全に信用しているという。

もはや夫の言うことしか聞かずに朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)も降板した小林。クセの強いタレントでも受け入れ“出演者に寛容”というイメージのあるMXテレビでも降板となると、もう地上波での受け入れ先はほぼ皆無となったのではないだろうか。

残る頼みの綱は夫婦そろって始めたばかりのYouTubeチャンネル『コバヤシTV』。ところが…。

「未明から早朝にかけて、夫婦二人そろってのトークを中心に生配信しています。当初は『グッとラック!』降板の裏側や、あきら氏が同番組司会の立川志らくへ“ダッサ!”などと批判する動画が注目を集めました。しかしこの一連の騒動が相当世間のイメージを悪くしたのか、すべての動画で大幅に低評価が上回っています」(芸能レポーター)

注目の動画は195万回再生(25日時点)されているが、最近では10万回にも届かない動画がチラホラ。本サイトでも報じた「洗脳ドッキリ」の動画はGOOD!が1200に対してBADが21,000という圧倒的低評価になっている。

さらにトークだけでなく、‘16年に発売した小林の「ブリカマぶるーす」という曲を夫婦で踊ったり、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の主題歌LiSAの「炎」をあきら氏がアカペラで歌う動画なども大幅な低評価となっている。

「YouTubeなのでテレビと違い普通は嫌なら見に行かなければ済む話ですが、わざわざコバヤシTVのチャンネルへ訪問してまで低評価を押しに来ている人が非常に多い傾向と思われます。一般的に動画に低評価が多いと、1回再生あたりの収益率が下がると言われています。今回の騒動で一部の人たちに嫌われてしまったのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

小林の妹で、故・小林麻央さんの夫・市川海老蔵は、この小林の騒動には一切触れていない。小林の実の母でさえも海老蔵のマンションへ避難したという報道もあった。

あっという間に四面楚歌となった小林夫婦。今後ふたりはどんな道を歩んで行くのだろうか――。

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事