巨人・菅野は予想外の低評価…?メジャーが絶賛する意外な投手 | FRIDAYデジタル

巨人・菅野は予想外の低評価…?メジャーが絶賛する意外な投手

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年の日本シリーズ第1戦。ソフトバンクの栗原陵矢にホームランを浴び悔しそうな表情を浮かべる菅野

球界のエースが今オフ、メジャーに挑戦する道が拓けた。

巨人が、菅野智之(31)のポスティング移籍を容認すると報道されたのだ。菅野は17年オフに初めてメジャーへの思いを公言。海外FA権の行使を前提に「あと4年ほどある。絶対的な実力をつけて文句なしに行けるように」と話していた。海外FA権所得まで1年。なぜ挑戦が早まったのだろう。

「潮目が変わったのは、昨年オフに山口俊が巨人で初めてポスティングを利用しメジャー入りしたからです。山口寿一オーナーも、こう語っています。『海外FA権所得が基本ですが、菅野は1年待ってジャイアンツに来てくれた(11年のドラフト会議で日本ハムの1位指名を拒否)。その分、海外FA権を取得する時期もズレているという事情があります』と」(スポーツ紙担当記者)

ダルビッシュ有や前田健太らが契約する、大手事務所「ワッサーマン」が代理人となるという報道もある。本人が決断すれば、来季メジャー球団のユニフォームを着る可能性は非常に高い。メジャー事情に詳しい、スポーツジャーナリストの友成那智氏が語る。

「菅野獲得に動くメジャー球団は、複数あるでしょう。まず武器になるのは制球力です。メジャーでは先発投手の100球制限が一般的で、コントロールが悪いと球数が増え5回持ちません。井川慶や松坂大輔は制球難から、4回でマウンドを降りることがありました。菅野なら7~8回までは投げ、先発の役割を十分に果たせるはずです」

せいぜい3年契約28億円

とはいえ、総合的な評価はそれほど高くないようだ。友成氏が続ける。

「米紙『ニューヨーク・ポスト』によると、メジャー移籍選手のランキングは45人中21位です。最高級の評価には、ほど遠い状態です。ネックになっている点が2つあります。一つは年齢。メジャーで一般的なのは、35歳までの長期契約です。菅野は来季32歳。長くても、せいぜい3年契約となるでしょう。

2つ目が昨年痛めた腰です。昨季は11勝をあげながら、ケガの影響から防御率は3点台後半と振るいませんでした。腰痛の再発が不安視されているんです。3年28億円ほどの契約になる可能性が高いと、『ニューヨーク・ポスト』紙は報じています」

一方で6年100億円という、破格の契約予測がされる日本人投手もいる。日本シリーズ第一戦で菅野に投げ勝ち、同じくメジャー移籍を希望している千賀滉大(27)だ。

「まず年齢が若いのが、大きなメリットです。長期契約が結びやすい。さらにメジャー投手と比べても速い160kmの速球と、『お化けフォーク』と呼ばれる落ちる球を持っているのが高評価になっています。ハイファストボール(高めの速い球)とロースプリット(低めに落ちる球)は、メジャーで成功する投手の条件です。野茂英雄も佐々木主浩も田中将大も、この二つの球種を駆使し米国で活躍しました。カブスがダルビッシュと結んだ、6年137億円に準ずる契約になる可能性が高い。

ただ、これまでソフトバンクはポスティングによるメジャー移籍を認めてきませんでした。海外FA権取得となると、早くて3年後のオフ。千賀は30歳になっています。高く評価される20代のうちに挑戦できるかは、球団の考えしだいでしょう」(友成氏)

日本シリーズでも対戦した、セ・パを代表する2人のエース。海を渡り、大舞台での再戦が楽しみだ。

  • 写真時事通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事