霜降り明星せいや 夜中に汐留の神社へ向かったワケ

目撃! ハリコミ24〈汐留 20時30分〉

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
タクシーを降り、スタッフらと打ち合わせしながら、神社に向かうせいや。そちらでも撮影は行われていた

「うーん、アバラ、折れてんねん」

11月6日深夜のラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、肋骨(ろっこつ)を骨折していることを告白した『霜降り明星』のせいや(28)。

「ケガ自体はたいしたことはなく、仕事にも影響はなし。ただ、笑うと痛むようで、ラジオの放送中にも『痛い痛い』とこぼしていました」(お笑い関係者)

その告白の少し前。せいやの姿を夜の汐留(港区)で見かけた。とある神社の前でタクシーから降りたせいやは、階段を上り、参拝。その後、撮影クルーとともに近くのビルへと入って行った。

せいやは、昨年にもバラエティの収録中に足の指を骨折しているだけに、神社では、「’21年は、骨折しませんように」とでも祈っていたのだろうか。

本誌未掲載カット 霜降り明星・せいや 汐留にある神社で厄除け祈願!?(撮影:川上孝夫)

 

『FRIDAY』2020年12月11日号より

  • 撮影川上孝夫

Photo Gallary2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事