菅野美穂が動画で明かした「ステキすぎる家族との私生活」 | FRIDAYデジタル

菅野美穂が動画で明かした「ステキすぎる家族との私生活」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
堺からの交際申し込みに「結婚前提なら」という条件を出したとされる菅野。堺は「喜んで」と答えたという。仲睦まじい夫婦だ(18年6月撮影)

「うちは家族4人だけど、誰も怒っていない瞬間って1日に5分くらいしかないもんね。すぐ部屋も汚くなるし、レゴ踏んで『痛い!』みたいな。ハハハ」

女優の菅野美穂(43)が、私生活や仕事について赤裸々に明かす動画が話題になっている。同じ芸能事務所に所属する後輩の山崎育三郎(34)と、ノープランでドライブするという内容。11月18日に配信されると、たちまち再生回数は60万回を超えた。

「動画の中で菅野さんは、自撮り棒で運転中の山崎さんを撮影。シンガー・ソングライターの瑛人さんの楽曲『香水』の鼻歌をせがんだり、アポなしで帝国劇場を2人で訪れるなど、本当に楽しそうなんです。

プライベートについても、オープンに語っています。山崎さんに『仕事と子育てどちらが大変?』と聞かれ、こう答えています。『(結婚前は)何でも乗り越えられるっしょと思ってたけど、まあ甘かったよね』『毎日、白目むいてましたよね。こんな大変なことが日常、こんなに当たり前とされてるっていうのが不思議』と。表情からは、充実した生活がうかがえます」(芸能プロダクション関係者)

13年4月に俳優の堺雅人と結婚し、2人の子どもがいる菅野。来年1月スタートの連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)で、主演を務めることも決まっている。シングルマザーと娘の恋愛を描いた物語だ。菅野は19年10月に放送されたドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)に出演するなど単発の仕事はあったが、主演とれば16年10月の『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)以来4年ぶりとなる。

『半沢』と比較される重圧

「菅野さんは、今夏の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で主演の堺さんの撮影期間中、子育てや家事のすべて引き受けていました。堺さんに仕事へ集中してもらうためです。おかげで堺さんは自宅近くを散歩したり、喫茶店やファミレスなどをハシゴして徹底的に台本を覚えられた。役に入り込み、完璧な仕事ができたんです。

菅野さんは当初2人の子どもが幼いことから、主演ドラマのオファーを断ろうとしていたとか。説得したのが堺さん。『今度はボクが家のことをやるから』と、菅野さんを安心させたそうです。『半沢直樹』に打ち込めたことに、菅野さんに心から感謝しているんですよ」(同前)

だが、菅野の主演ドラマスタッフへのプレッシャーは相当なものだという。脚本は、NHK朝の連続ドラマ『半分、青い。』などのヒット作を手がけた北川悦吏子氏を起用。娘役には若手でもっとも勢いのある浜辺美波が担当するなど、実力派で固められ失敗が許されないのだ。

「どうしても、夫・堺さんの『半沢直樹』とも比べられますしね。『半沢』の平均視聴率は24.7%。これを超え作品にするために、現場には緊張感が高まっているようです」(民放キー局社員)

大きなプレッシャーの中でも、菅野には臆するところはないようだ。

「今回の出演に関して、菅野さんは脚本の北川さんから直接手紙をもらっています。菅野さんは感激し、意気に感じているようです。確かにプレシャーの大きい役柄ではありますが、過度に緊張している様子はありません。菅野さんは、仕事に関してとても謙虚ですから。

周囲にはこう話しています。『女優が天職と思っていない。ただ、憧れの先輩たちの背中を追っているだけ。毎日が修業ですよ』と。もちろん堺さんも、菅野さんをサポートしていますよ。二人で『10年後には仕事量がもっと増えてたらいいな』と笑いながら話しているそうです」(前出・芸能プロ関係者)

冒頭で紹介した動画では、爽やかな笑顔を見せた菅野。夫のサポートと自らの謙虚さに裏づけされた、快活さなのだろう。主演という重圧をものともせず、ドラマのヒットは間違いないようだ。

  • 撮影西 圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事