私生活を語らなかった竹内結子さんと「家族の実像」【20年回想】 | FRIDAYデジタル

私生活を語らなかった竹内結子さんと「家族の実像」【20年回想】

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
仲良く腕を組んで食事デートへと訪れていた竹内さんと中林。新生活をスタートさせたばかりの2人は、終始笑顔だった(’19年4月)

<2020年は芸能人の訃報が多い「悲しみの1年」でもあった。なかでもショッキングだったのが、9月に駆け巡った女優・竹内結子さんの逝去だ。’19年に再婚し、今年1月には第2子を出産していた竹内さん。9月27日に掲載したFRIDAYデジタルの記事では彼女の軌跡を、家族の写真と共に振り返った。>

衝撃の訃報が日本中を駆け巡った。9月27日、女優の竹内結子さん(享年40)が、東京都内の自宅で死去したことがわかった。

竹内さんは‘05年に歌舞伎俳優の中村獅童と結婚。同年に長男を出産したが、‘08年に離婚。そして去年2月に同じ所属事務所の後輩である中林と再婚した。今年1月下旬には第2子男児を出産したばかりだった。中学生の長男と生後9か月ほどの二男を残しこの世を去ってしまった。

’96年にドラマ『新・木曜の怪談 Cyborg』(フジテレビ系)でデビュー。’99年にはNHKの連続テレビ小説『あすか』でヒロインを務めた。’03年には『星に願いを。』で映画初主演。その後も映画やドラマにCMと、日本の芸能界でトップクラスで活躍する女優の一人だった。

最後に登壇したイベントでは家族の話も

《皆んな〜夏休み中も元気で過ごしてましたか?新学期に向けて前髪作りました。》

今月1日にはこのように自身のインスタグラムを更新し笑顔でニューヘアスタイルを公開した。この日はCMキャラクターを務めて6年目になる『サッポロ一番』のPR会見に登壇していた。

会見では家族についても言及。本当に珍しい一幕だった。

「お湯を沸かすのもハラハラしながら見守っていたうちの子が、自分でサッポロ一番を作るようになって。夫と一緒に夜食を囲んでひそひそ男の話をしたり。そういう景色の移り変わりとサッポロ一番が一緒にあって今後とも長く一緒にいたいです」

と、前夫との間の中学生の長男の成長を喜ぶとともに、現在の夫・中林と仲睦まじく談笑している様子を明かしていた。思春期であろう息子が、再婚相手に心を許して食卓を囲む。彼女にとってこれほど嬉しいことはなかっただろう。

「過去に竹内さんを取材したとき、本当に気さくで明るく、嫌な顔ひとつせずに話してくださり、こんなに性格が良い人は見たことないと感じるほど素敵な人だった。本当にショックで、いまだに信じられません」(芸能リポーター)

日本屈指の演技派俳優、そして、誰からも愛された女優が旅立ってしまった。日本中が、いまも悲しみに暮れている。

  • 撮影

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事