巨人菅野や日ハム有原は低評価でも…メジャーが絶賛する意外な投手

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年の日本シリーズではソフトバンクの栗原陵矢に一発を浴びるなどピリッとしなかった菅野。メジャーの評価は決して高くない(画像:時事通信社)

プロ野球記録の「開幕投手13連勝」を達成した巨人のエース菅野智之(31)、19年のパ・リーグ最多勝投手・日本ハムの有原航平(28)ーー。

今オフも有力な日本人投手が、海を渡りメジャーに挑戦しそうだ。ポスティングでの移籍を申請すれば、バドレスなどが両投手の獲得に乗り出すとされる。メジャー事情に詳しい智成那智氏が語る。

「二人とも制球力が良いので、複数の球団が調査しているはずです。メジャーでは先発投手の100制限が一般的。制球力が悪いと、5回持たずにマウンドを降りることもありえます。6~7回を投げ先発の責任を果たすには、安定したコントロールが絶対条件なんです」

だが、意外にも二人の評価はそれほど高くない。その理由はなんなのか。まず菅野のついて、友成氏が続ける。

「米紙『ニューヨーク・ポスト』によると、菅野のメジャー移籍選手ランキングは45人中21位です。最高級には、ほど遠い評価と言えます。ネックになっている点が2つある。一つは年齢です。メジャーで一般的なのは、35歳までの長期契約になります。菅野は来季32歳。長くても、せいぜい3年契約になるでしょう。

2つ目が昨年痛めた腰です。昨季は11勝をあげながら、ケガの影響から防御率は3点台後半と振るいませんでした。腰痛の再発が不安視されているんです。3年28億円ほどの契約になる可能性が高いと、『ニューヨーク・ポスト』紙は報じています」

先発でなくリリーフ

一方の有原にも、辛口な評価がされている。米大手データサイト「ファングラフス」によると、先発ではなくリリーフとして起用される可能性が高いという。

「根拠となっているのが、同サイト独自の詳細なデータです。今季の有原の防御率は3.46ですが、独自データによるとメジャーなら5.09。奪三振率7.2は、5.2になるとされます。同サイトは『19年が有原のベストシーズン。防御率、WHIP(1イニング当たりの与四球+被安打数)、奪三振率のいずれも20年に悪くなった』と解説しています」(スポーツ紙担当記者)

二人のエースがイマイチな一方、評価がうなぎのぼりの意外な日本人投手がいる。巨人時代は三軍降格も経験したが、今季ロッテに移籍し復調した元新人王。海外FA権を行使する沢村拓一(32)だ。

「沢村には、メジャーで活躍するための2つの球種があります。一つはハイ・ファストボール(高めへの直球)。今季は巨人時代よりも急速が上がり、160km近い速球を投げ込んでいました。二つ目がロースプリット(低めに落ちる球)。沢村が持っているのは、単なる落ちる球ではありません。150kmを超える高速スプリットです。メジャーの打者でも簡単には打てないでしょう。

野茂英雄や田中将大、佐々木主浩などメジャーで実績を残した投手は、この2つのボールを駆使していました。

精神面のタフさもプラスでしょう。一時は暴行事件を起こし三軍に落ちるなど、どん底の状態にあった。そこから這い上がり、ロッテの勝ちパターンになくなてならない存在になったのですから並大抵の気持ちの強さではないでしょう。不調になると風当たりが強くなるメジャーでも、やっていけるのではないでしょうか」(友成氏)

巨人時代は戦力外の危機にもあった沢村。ロッテで復活し、メジャーで活躍。来季は、アメリカン・ドリームを叶えられるかもしれない。

  • 写真時事通信社

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事