脱帽!人気焼き肉店や吉原へ 那須川天心「豪快すぎる日々」 | FRIDAYデジタル

脱帽!人気焼き肉店や吉原へ 那須川天心「豪快すぎる日々」

公式戦の成績は42戦42勝 仲間を引き連れて大人気焼き肉店に行ったかと思えば、吉原の高級ソープで汗を流す

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
11月下旬の夕方6時過ぎ、西日暮里駅近くの人気焼き肉店に向かう那須川一行。左の女性は格闘家の寺山日葵

プロ公式戦は42戦42勝。「キックボクシング史上最高の天才」と言われる男は、私生活も王者の名にふさわしかった。

11月下旬の夕方、西日暮里駅(荒川区)近くの路上を7~8名の集団が歩いていた。自分よりはるかに年上のオトコたちを引き連れ、貫禄たっぷりに先頭を歩くのは、格闘家の那須川天心(22)である。一行は駅の近くにある、熟成肉がウリの人気焼き肉店へ入っていく。

「この日は11月1日に大阪で行われた大会の祝勝会でした。那須川の対戦相手は、その日が引退試合となった裕樹(38)。『RISE』の3階級を制覇した強敵でしたが、那須川は冷静に左飛びヒザ蹴りを決め、KO勝利しました。同じ日、那須川の父・弘幸氏のチームに所属する寺山日葵(ひなた)(19)も、同大会の女子軽量級で優勝。那須川の妹分的存在でもあるので、二人にスポンサーらが焼き肉をごちそうしたんですよ」(格闘技関係者)

なるほど、たしかに一人の男性が花束を箱に入れ、手に提(さ)げている。約3時間後、肉をたらふく食べてスタミナを付けたであろう那須川は、王者の風格を漂わせつつ、再び周りの大人たちを従えて店を後にした。一行は車に乗り込むと、那須川の自宅方向へ走り去っていった。

さらに那須川の豪快な日々は続く。別の日、高級外車のオープンカーに乗った彼の姿は、なんと吉原(台東区)にあった。言わずと知れた日本一のソープランド街である。コインパーキングにオープンカーを停めた那須川は、友人と思おぼしき男性とともに、ネオン煌(きら)めく街中を小走りに駆けていく。入っていったのは、ゴージャスな外観の高級ソープだ。

「内装やインテリアにもこだわっている高級店で、ホテルのラウンジのような居心地の良さを味わえます。女性たちのレベルも銀座の高級クラブ並みで、通い詰めるVIPも多いです」(風俗ライター)

さすが那須川、通うソープ店も超一級なのだ。入店からきっちり2時間後、パーカーのフードを目深(まぶか)に被(かぶ)った那須川が退店する。店のホームページによれば、料金は2時間で6万円。一般人には高すぎる金額だが、彼にとってはなんてことないのだろう。

以前、「練習は練習。どんな時期でも最大限できることをやる」と語っていた那須川。毎日ハードな練習をこなしながら夜も豪遊するこのスタミナがあれば、連勝記録はまだまだ伸びそうだ。

焼き肉とは別の日、那須川(右)は吉原の高級ソープを訪れていた。入店の2時間後、店員に見送られ店を後に
本誌未掲載カット 那須川天心 天才格闘家の豪快すぎる日常
本誌未掲載カット 那須川天心 天才格闘家の豪快すぎる日常

『FRIDAY』2020年12月18日号より

  • PHOTO西原 秀

Photo Gallary4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事