酒気帯び運転「歌手の小金沢くん」がコロナで借金生活に陥るまで | FRIDAYデジタル

酒気帯び運転「歌手の小金沢くん」がコロナで借金生活に陥るまで

テレビCMで一世を風靡した演歌歌手の小金沢昇司

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’06年9月、新宿・歌舞伎町の高級クラブから不倫相手と出てくる小金沢を撮影。新曲がオリコン演歌チャート1位を獲得するなど人気絶頂期だった

「どうもこのたびはいろいろご迷惑をかけて申しわけありませんでした」

うつろな表情で頭を下げる姿に、「歌手の小金沢くん」の面影はなかった。

11月28日、警視庁は酒に酔って車を運転し、信号待ちをするトラックに追突したとして、演歌歌手の小金沢昇司(62)を道交法違反の疑いで逮捕した。

小金沢は北島三郎(84)の付き人を経て、’88年にデビュー。’92年、のどスプレー『フィニッシュコーワ』のCMに出演して一世を風靡(ふうび)した。

そのキャリアに翳りが見え始めたのは、『北島音楽事務所』を独立し、個人事務所を立ち上げた’14年からだった。

「事務所の設立資金を複数の知人から借りていました。小金沢はギャンブル好きで、若手時代から借金が溜まっていたんです。他にも数百万円の不動産詐欺にあったり、化粧品ビジネスに失敗したりなど、借金は数千万円にのぼるそうです。地道に地方営業をこなし、返済していましたが、コロナ禍で生活が一変してしまった。営業はほぼ中止になり、収入は8割減。借金返済のために生活は厳しかったようです」(小金沢の知人)

借金苦を紛(まぎ)らわすために深酒をして、アルコールが抜けないまま運転をしてしまったのか。夢と語っていた「紅白出場」への道は潰えてしまった。

11月30日、警視庁・湾岸署から送検される小金沢。同日午後、身柄を釈放された。今後の芸能活動については謹慎、自粛すると書面で発表

『FRIDAY』2020年12月18日号より

  • 撮影蓮尾真司 幸多潤平

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事