渡部建を特番に担いだあげくハシゴを外す「日本テレビの無責任」 | FRIDAYデジタル

渡部建を特番に担いだあげくハシゴを外す「日本テレビの無責任」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
会見の失敗により、復帰へ遠のいたとの報道も出た渡部建

謝罪会見で“芸能界復帰は白紙”と宣言した「アンジャッシュ」渡部建。

そもそもなぜあのしどろもどろで無意味とも言える会見を開くことになったのか。それは明らかに『ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)への出演報道があったからだ。

「松本人志さんも知らない段階で、一部で『ガキ使』での復帰が報道されてしまった。そのことについて彼は“ルール違反だ”として苦言を呈していましたね。しかし収録は行われていた。“会見なし”で仕事復帰していたという疑惑に、世間からの反発は日に日に大きくなり、会見をすることを決めたようです」(芸能プロ関係者)

会見では収録疑惑を徹底的に追及されたが、渡部は最後まで「私の口からは言えません」の一点張り。日本テレビの社長ですら、ゲストが誰になるかは知らされないというので、出演者が“私は出ています”とは決して言えなかったのだろう。

「番組関係者が渡部さんの出演をマスコミにリークしたという疑いが濃厚。渡部さんも清水の舞台から飛び降りる気持ちで出演を決めたのに、先に情報が漏れてしまったので、会見をやらざるをえなかった。実際年末に復帰して、そこでウケて世間が許せば会見なんてしなくてもいいと思っていたでしょう。

事前にバレたことでスポンサーからも、制作サイドに真偽の確認があったといいますからね。日テレは世間の反発とスポンサーの怒りを恐れてカットするのではないか…と言われています。そうなると、オファーしておいて結局ハシゴを外した形になりますね」(テレビ局関係者)

さらに松本は謝罪会見直前に、《渡部との共演は当分ないと思う》とツイッターでつぶやいている。さらに

「今年の年末の『笑ってはいけない』は、お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめる番組に仕上がっていると思う」

と番組でコメントしたことで、“不届き者”の渡部は出ないというように暗に示したのだ。

一部では『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にも出演計画があったというが、それも雲散霧消となった可能性があるという。

一方、あの会見はマスコミに詰問され続け“まるでイジメ”のようだという意見も出ている。爆笑問題の太田光は、

「渡部にも人権はあるわけで、果たしてそこまで踏み込むのと、渡部がやったことの罪深さと、どっちが罪深いのかなと思うと俺は質問者の方がモンスターだと思った」

と苦言を呈した。

しかし一方では渡部がやった“多目的トイレ不倫”に対して同情の余地はないという意見も多い。その影響は何の落ち度もない妻・佐々木希にも及び、インスタグラムには誹謗中傷のコメントが多く書き込まれている。

「世間にも叩かれ、マスコミにも追及され、味方だったはずの日テレにまで見捨てられたとなると、完全に八方塞がりですね。元から相方の児島一哉さんとはあまりうまくいっているイメージがないですが、ここは初心に戻って、劇場でコツコツライブでもやるしかないでしょう。

もしくは自身のYouTubeチャンネルで復帰という選択肢もありますが、世間の理解を得られないままYouTubeで復帰すると宮迫博之さんの二の舞いなりかねない。泥臭くコンビで裸一貫やり直すほうがいいのでは」(芸能レポーター)

こうなったすべての原因は6月のスキャンダル発覚時に会見をせずに逃げていたことだろう。また、『ガキ使』のオファーがあった時点で、番組のことには触れずに会見する手もあったはず。

ともかく、やること成すこと“後手後手”だった渡部と事務所の戦略。この失敗を挽回するのには相当、時間がかかりそうだ――。

  • PHOTO會田 園

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事