イケメン元陸上日本代表選手が20代女性に働いた「卑劣行為」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
知人女性にわいせつな行為をはたらいたとされる川面容疑者。60mの日本記録保持者でもある

都内のマンションで酒を飲んでいた男女4人。深夜1時過ぎに「飲み過ぎた」と、そのうち2人が帰宅した。残された男女2人。女性は酔って眠り込んでいる。男は就寝中の女性の服や下着を脱がせ、わいせつな行為に及んだ。女性を陵辱した男は、元日本代表の陸上離選手だった――。

12月9日、警視庁は私立大学教員で世界陸上に出場経験のある川面聡大容疑者(31)を逮捕した。容疑は、今年4月22日に東京・大田区のマンションで部屋に住む20代の知人女性に性的暴行を加えた疑いだ。

「川面容疑者と女性は、今年3月に沖縄で陸上の合宿を行っていた時に知り合ったそうです。事件当夜は知人を交えて4人で飲んでいたのですが、知人が先に帰ってしまった。2人きりになったあと、事件が起きました。川面容疑者は、行為自体は認めていますが『無理やりではありません』と容疑を否認しています」(全国紙社会部記者)

山縣やケンブリッジにも勝った

川面容疑者のビジュアルは爽やかなイケメン。陸上界のトップアスリートとして、女性ファンも多かった。経歴も輝かしいものだけに、今回のニュースを知って衝撃を受けた関係者も少なくない。

「学生時代は中央大学のエースで、国内短距離のトップ選手として活躍していました。100mの自己ベストは10秒22。11年の関東インカレでリオ五輪銀メダリストの山縣亮太を破り優勝し、100m、200m、リレーの三冠を達成しています。同年に韓国の大邱(テグ)で行われた世界陸上に出場。400mリレーで日本代表に選ばれました。15年の日本選手権では、ケンブリッジ飛鳥を抑えるなど長年陸上界を引っ張ってきた元エースです」(陸上関係者)

事件が起きたのは、今年4月。なぜ半年以上たって公になったのだろう。

「女性が警察に被害を訴えたのは、10月下旬になってからです。新型コロナウイルスが感染拡大し、緊急事態宣言が出されていた中、複数人で深夜まで酒を飲んでいたことに引け目を感じていたらしい。バッシングを恐れていたようです。

また川面容疑者が、有名なアスリートだという認識もありました。警察に訴えたらなんらかの報復を受けるのではと、不安に感じていたとか。しかし時間がたっても、怒りや屈辱感は収まらない。川面容疑者の行為がどうしても許せなったのでしょう」(前出・記者)

近年は実業団でのコーチや大学の講師として指導し、全国で「陸上教室」を開くかたわら、現役を続行していた川面容疑者。私生活では、12年に同じ陸上選手と結婚している。日本のトップアスリートと活躍した輝かしい実績を、みずからの欲望で無駄にしてしまった。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事