りんごちゃん、Mr.シャチホコ…コロナで露出減した芸能人の特徴 | FRIDAYデジタル

りんごちゃん、Mr.シャチホコ…コロナで露出減した芸能人の特徴

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
最近はあまりテレビで見かけることがなくなったりんごちゃん。ルックスとは似つかないモノマネは好評だが…

新型コロナの感染拡大の影響で世界中が苦境に立たされている中、“不要不急の代表格”ともいえるエンタメ業界は特に厳しい状況が続いている。

テレビ番組の収録などは戻りつつあるが、番組観覧者をゼロにしたり、ソーシャルディスタンスを取るためスタジオに出演するタレントを減らすなど、各局工夫をしている。

「外のロケでは、タレントはフェイスシールドをしています。感染防止の効果はよくわかりませんが“配慮している”というポーズを視聴者に感じとってもらうことが大切なので。例えば街頭インタビューも今はディレクターがマイクを一般人に向けると距離が近すぎるため、本人にマイクを持ってもらうなどして距離を取って工夫しています。しかも毎回、マイクを消毒しています」(テレビ局関係者)

見知らぬ地で現地の人とコミュニケーションを取ることが醍醐味の千鳥の人気番組『相席食堂』(朝日放送)でも、コロナ禍では全くそういった演出ができない。最近では自然の中で生き物を見つけるなど、“ネイチャー相席”といったような趣旨に変更している。

「テレビのスポンサー広告料も激減しているので、特に視聴率の取れない局は非常に厳しい戦いを強いられています。予算も減っており、出演するタレントは今までより厳しく選出されるようになった。ラジオ局になるとさらに悲惨です。スポンサーが1社もつかなくなり、打ち切りになっている番組もあります」(スポーツ紙記者)

そんな中でも、仕事が全く無くならないタレントもいれば、やはりコロナ禍で露出が激減したタレントもいる。たとえば、りんごちゃんはその一人だろう。

‘19年に大ブレークし、主に日テレ系の番組に毎日のように出演していたが、ここ最近めっきり見なくなった。なぜ芸能界から遠ざかってしまったのか。

「まずモノマネのレパートリーが大友康平や武田鉄矢などの歌ネタが中心なので、披露するのに尺が必要なうえ、一度見たらもうオチが分かっているので、何度も見て笑えるようなものでもないのが苦しいところ。テンポのいいトーク番組などで歌ネタは不向きですし、使い勝手が難しくなったのではないでしょうか」(芸能レポーター)

りんごちゃんはコロナが流行しはじめた8か月前にYouTubeチャンネルを開設したが、最近の動画は1000回も再生されていないものもある。YouTubeではなかなか厳しい戦いを強いられているようだ。

さて、彼女と同時期に露出が減ってきたのが、和田アキ子のモノマネをするMr.シャチホコ。さらに大手芸能事務所を退所した、ブルゾンちえみこと藤原詩織なども挙げられるだろう。

Mr.シャチホコは14日に“趣味や休日を見てもらいたい”としてブログを開設。妻でモノマネタレント“みはる”との2ショットを披露した。

今年4月からYouTubeも始めているが、こちらは登録者4万人強と、芸能人としては少し寂しい数字。モノマネの強みは営業だが、密を避けるためなかなかイベントも少ないため、苦しいだろう。

元ブルゾンちえみは退社後にイタリアに留学する予定だったが、コロナの影響で頓挫。最近ではヴィーガンであることを公表するなど環境問題にも言及し注目が集まったが、目立った芸能活動は見られない。藤原も今月からYouTubeを再開したようだ。

「ネタが面白くても、フリートークのスキルがない場合、すぐに世間から飽きられてしまうのがこの世界の怖いところ。芸能界で生き残る人は、本当に実力があるか、もしくは大手芸能事務所に所属していることが重要です。吉本でいえばテレビ番組のレギュラーを約80本も抱え、年間約5000本を自社で制作しています。

ですので、人気がない芸人でもその番組にねじ込むことは可能です。小さいもしくは個人事務所の芸人などは、相当実力がないとすぐ切られてしまいますね。YouTubeなど自分のコンテンツで稼ぐしかないのでは」(ワイドショー関係者)

群雄割拠で熾烈な生き残り戦を見せる芸能界。コロナが収束すればいまは見ることも少なくなった芸能人も返り咲くことはできるのだろうか。彼ら彼女らの今後に期待したいところだ。

  • PHOTO足立 百合

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事