小林麻耶夫妻のYouTubeが「最終回宣言」再生数激減で窮地か | FRIDAYデジタル

小林麻耶夫妻のYouTubeが「最終回宣言」再生数激減で窮地か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
お揃いのスニーカーを履く小林麻耶と國光氏。この日の夜、二人のYouTube動画は低評価が多く、存続が危ぶまれている

フリーアナウンサーの小林麻耶が夫のアキラ氏と共に配信するYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』が、21日「最終回」という動画を投稿した。

小林といえば11月にレギュラーコメンテイターだった『グッとラック!』(TBS系)を降板。小林がYouTubeの動画で明かした降板理由としては“スタッフからいじめを受けた”ためロケに行かないという手段を取った結果、番組サイドから降板を通達されたという。

「騒動の原因は夫のアキラ氏の存在が大きいですね。小林さんと共にテレビ局に帯同し、“楽屋の方角が悪い”などとスピリチュアルな発言でスタッフを困らせたりしたことも報じられた。番組の幹部が、『仕事に影響がでるので旦那さんを現場に連れて来ないで』とお願いしたところ、小林さんはスタッフからイジメられた、と感じたみたいです」(テレビ局関係者)

そんな2人は平日の早朝からYouTubeで生配信をしている。アキラ氏が瞑想したり、一般ユーザーからの質問に夫婦で答えたりという内容で、2時間に及ぶものもある。

「このチャンネルでは降板騒動の裏側を話したり、アキラ氏が同番組の司会の立川志らくへ“ダサい!”などと暴言を吐いたりすることで、当初は注目が集まり100万回を超える動画もありましたが、現在はジリ貧で5000回前後のものも多い。さらに動画は毎回のように低評価が圧倒的に上回っています。誰かが低評価を押しに来ているのでしょう」(ワイドショー関係者)

そして21日には「最終回コバヤシテレビ局#38」という動画が投稿された。ついにこのYouTubeは終了するというのか…?

「見てみると、早朝に生配信していたのを朝の10時10分スタートに変更するということでした。“最終回”と銘打てば少しでも注目が集まると思ったのでしょうか。拍子抜けしましたね。そのほかアキラ氏単独の配信もあります。騒動およびコロナ禍で仕事が激減したのでYouTubeに全力投球しているのかもしれませんね」(芸能レポーター)

そんな“最終回作戦”は功を奏したようで、マンネリ化した過去の動画より再生回数は伸びている。しかし低評価は相変わらず圧倒的に上回っている。

『グッとラック!』の降板で、所属していた「生島企画室」とも契約解除となり四面楚歌となった小林夫妻。10日更新の動画ではアキラ氏はジャケット姿で“コバヤシテレビ局の社長に就任した”ことを明かし、妻の小林は「局アナ」になったとした。

「夫婦でおままごとやコントをしているように見えますね。法人組織にしているのかも定かではありませんが、事務所を退所したことで、最近ホームページを作成していました。内容は非常にシンプルで、小林さんの写真と、YouTubeのリンクと問い合わせフォームのみです」(スポーツ紙記者)

大黒柱であるアキラ氏は整体師で、実際に会わなくてもZOOMなどで「リモート施術」をするほどのパワーの持ち主だという。ブログには60分30,000円+税と書かれており、海外の人も施術していると書かれている。

さらにリモートで占いもしているというアキラ氏。妻である小林も占いを行っているが、この現状も占いによって導き出されたことなのだろうか…。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事