『京アニ放火事件』から約1年半……判決を待つ遺族の悲痛な思い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
現場となった京都府・伏見区の第1スタジオ跡地。今後の利用方法は遺族や地元住民と協議し決定する方針だ

36人が死亡、32人が重軽傷を負い、日本中を震撼させた『京都アニメーション放火殺人事件』。

発生から約1年5ヵ月を迎えた‛20年12月16日、京都地検は青葉真司容疑者(42)を殺人や放火など5つの罪で起訴した。

起訴を受けて、遺族の一人は懸命に声を絞り出し、次のように語った。

「今まではメディアの応対もさせてもらっていました。でも青葉被告のことがニュースになるたびに動揺して、思い出して悲しんで……だから今は、本心で言うと報道すらなくなってほしい。あれから家族が大変なんです。夜になったら毎日泣いて……。こんなん言うたらアレやけど……早く死刑になってね、落ち着きたいと思うんですよ」

事件発生時から現地で取材を重ねている全国紙社会部記者はこう話す。

「本人も概ね容疑を認めており、『極刑を覚悟している』という旨の供述を行っているようです。ただ、裁判が始まるまでにはかなりの準備期間が必要になると見られています。

新型コロナウイルスの影響、青葉被告が依然として寝たきりの状態であること、そして何よりも公判開始を妨げる要因になっているのが、被害者の多さです。60人を超える被害者がいるので、手続きだけでもかなり煩雑になります。遺族の捜査協力ももちろん必要となりますが、深く傷つかれており、協力どころではないという方も多い。

京都府警、京都地検はできるだけ早い判決を目指して捜査を進めていますが、公判開始までにはかなりの時間を要するでしょう」

遺族が望む〝決着〟がつくのは、まだまだ先になる見込みだ。

事件直後の様子(ビデオファクトリー京都提供)。炎の勢いが強く、建物は黒焦げになった
全身にやけどを負った青葉容疑者が移送される様子。皮膚の移植治療には約2億円もの保護費が使用されたという
  • 写真加藤慶、時事通信社

Photo Gallary3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事