手越祐也が振り返る「ジャニーズ退所よりも後悔していること」 | FRIDAYデジタル

手越祐也が振り返る「ジャニーズ退所よりも後悔していること」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
10月にはユーチューブ上でライブを開催。12月24,25日には念願のディナーショーも開くなど音楽活動に力を注ぐ

「いまはとにかく楽しいっていう気持ちが一番大きいですね。事務所を辞めたことは、一切後悔してないっす」

`20年6月のジャニーズ退所を機にユーチューバーデビュー、自伝本の発売、美容サロンのプロデュースと新しい挑戦を続けている手越祐也(33)。ユーチューブの投稿第一弾となった「退所会見」は、日本1位となる同時接続132万人を記録。10月末から営業を開始した美容サロンは、すでに全国に4店舗を展開するなど、各分野で絶好調だ。現在の活動の手ごたえを問うと、白い歯を見せた。

「めっちゃあります。いままでは『イッテQ、見てます!』だった反応が、この半年で『ユーチューブ見てます!』にガラッと変わった。多くの人にいまの活動が届いていると思うと嬉しいですよね」

――収入も大きく増えたのでは?

「収入は……そうですね(笑)。ただ、出費も増えました。事務所では社長なので、従業員を養っていかなくちゃいけない。責任感は何倍も増しましたね。大変な分だけやりがいも大きいです」

――今年は手越さん以外にも山下智久さん(35)や、長瀬智也さん(42)などジャニーズ事務所からの退所が相次ぎました。どう見ておられましたか。

「正直、聞いたときは驚きというよりも納得の方が強かったです。僕も18年間いたからこそ、『こうすれば、もっとファンに楽しんでもらえるのに』という歯がゆい経験を何度もしてきました。守ってくれるという最高にポジティブなところもあれば、新しい道を自分の力で歩いていきたい人にとっては、息苦しく感じる部分があるのかもしれません」

――年末には福岡でのカウントダウンイベントも控えています。

「やっぱり歌ってるときが一番楽しいですね。レコーディングブースで収録したり、バンド仲間に囲まれているときが一番幸せっすね」

――今後CDの発売予定などはあるのでしょうか。

「福岡では新曲の発表も予定しています。それを皮切りに、来年は曲もガンガン仕掛けていきたいですね。いろいろとやっていく中で優先順位はつけていますが、その中でも音楽関係の打ち合わせはずっと続けています」

――ということは、`21年の抱負はアーティスト活動ですか。

「いろいろと準備してはいますが、一番は音楽ですね。野外フェスも出てみたい。タレントとしてではなく、音楽だけで活動しているアーティストたちと同じステージに立つことで、1段も2段もステップアップできると考えているので、そういう場所には積極的に参加したいです。来年も僕らしく、エッジの効いたムーブメントを起こし続けます」

激動の1年を明るく振り返った手越。しかし、そんな中でも変わらなかったものもあるという。

「結婚はいまもできる気がしないッス(笑)。なんか、性に合わないんですかね。いい出会いがあればいいんですけどね。今は仕事が楽しいので毎日充実してますが、それだけが心残りですね」

そこはスーパーポジティブ人間。今後も独身貴族だからできる“エッジの効いた”チャレンジを見せてくれることだろう。

 

  • 中村和彦

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事