島田紳助氏が1年ぶりに「愛弟子」のユーチューブに登場したワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’11年8月、山口組幹部との交際が発覚した紳助は会見を開いて、引退を発表。「会ったのは数回で、僕はセーフだと思っていた」と打ち明けた

‘11年に芸能界を引退した島田紳助氏が上地雄輔のYouTubeチャンネルに登場した。島田氏が引退してからYouTubeに登場するのはこれで2回目。前回は昨年1月に歌手であるmisonoのYouTubeに登場し、トークしたことが話題になった。

上地はmisonoと同様に島田が司会を務めていたバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)で“オバカキャラ”としてブレークしたいわば“島田チルドレン”。上地は今でも島田氏を“お父ちゃん”と呼び慕っている。

動画では上地が「私の知る限り一番面白い一般人」として紹介したが、今回島田氏はカメラマンとして裏方に回り顔は一切出さず声だけの出演となった。

動画は島田氏がよく知る大阪の有名パン屋に直撃するという内容。夜中シャッターが閉まっているところを上地が開けて、パンを作っている店員に”パンをください”といったサプライズ的演出をした。

「上地さんは酔っぱらっていているようで、目がうつろでヘラヘラしている感じでした。狭い店内でマスクもフェイスシールドもせずパンの前でベラベラと話していた。店長が登場すると上地さんは握手を求めにいくなど、コロナ禍での配慮が少し足りないのではないかと感じましたね。そのあたりの感覚は、ユーチューブだと緩んでしまうのか……」(テレビ局関係者)

カメラの映っていないところでアルコール消毒などしていると信じたいが、たしかに売り物のパンの前でマスクなしでベラベラ話すというのはコロナ禍でなくても勘弁して欲しいものだ。

しかし島田氏はなぜ1年ぶりに愛弟子の動画に登場したのだろうか。

「上地さんのYouTubeが苦戦しているからではないでしょうか。思ったより再生回数も伸びず動画によっては1万回に届かないものある。misonoさん然り、上地さんも昔ほど活躍できていないので紳助さんがひと肌脱いだのでしょう。

前回のmisonoさんの時も、紳助さんから吉本の幹部に出演報告があったと聞いているので、今回も何らかの連絡はしているんではないでしょうか。吉本とは今もつながっていますからね」(芸能レポーター)

島田氏の引退から4か月後、吉本の大崎洋会長は公の場に登場し「いつの日か吉本興業に戻ってきてくれるものだと信じております」とスピーチしている。彼が芸能界復帰の意志を示せば当然、吉本としては万全の体制で迎え入れるわけだが…。

「道義的には芸能界に復帰しても何ら問題はありませんが、世間の反発はまだ厳しいものがあるでしょう。それに、コロナ禍のテレビ局が、彼の引退前の同額のギャラを払う余裕はそうないでしょう。そんなことを考えてみても、反発覚悟で戻っても現状はあまりメリットはないでしょう。週刊誌のインタビューでも復帰を完全に否定しているように、本人に戻る気はないのでしょうね」(前出・芸能レポーター)

上地の動画ではカメラマンに徹して顔を出さなかった島田氏だが、上地のインスタグラムには2ショット写真が掲載されている。愛弟子が少しでも注目を浴びるよう至れり尽くせりの対応だ。

YouTubeのコメント欄にはファンから復帰待望の声も上がっているが“なんで再生数伸びてないんだよ”という声も。この動画は元日にアップロードされ6日時点で10万回再生されているが、昨年公開されたmisonoの動画は639万回再生されたので、それと比べると見劣りするのも事実だ。

それにしても、上地との掛け合いを見てもトークの腕は落ちていない。今後も世間に姿を見せることはあるのだろうか…。

  • PHOTO中村和彦

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事