石原さとみ おめでたい新春に入籍発表した事務所の「計算」

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”㊲

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
昨年にエリート社員と入籍していたことを、正月に報告した石原さとみ(‘19年)

《芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”㊲》

女優の石原さとみさんが、‘20年中に婚姻届けを提出していたことを所属事務所が明らかにした。時期は非公表だという。

昨年10月1日に、電撃的に婚約を発表。世の男性を“さとみロス”状態にした石原さんだが、相手男性の素性は明らかにしていない。

<私事で大変恐縮ではありますが、この度、かねてよりお付き合いさせて頂いています一般の方と結婚するは運びになりました。お互いの理解を深めていく中で、彼となら様々なことを共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました。まだまだ未熟ですが、これからは二人で、大切なものを大切だと思える人生を共に歩んでいけたらと思います>

と、報告。入籍は良き日を選んで年内にする予定で挙式・披露宴の予定は無いと伝えていた。事務所によると、二人は石原さんの友人夫妻の紹介で出会い、「表情が豊かで、よく笑う方だな、会話のテンポが一緒で話をしていて楽しいな」と言うのが第一印象だったといい、

「二人とも好奇心と知識欲が強く、疑問を感じたり、知りたいことがあると、二人でとことん調べて一緒に発見していくそのプロセスを楽しいと感じる感覚がお互いの共通点だと話していた」

という。

「健康観や食や服の好みライフスタイルなど生活の基本となるものの価値観が似ているそう」など、石原さんの彼に対する思いは伝えられたが、一般男性ということで、どんな仕事をしている人かとかの情報はほとんどなかった。当然マスコミは、彼の姿を追うことになった。

彼の年収は4500万円とか、東大卒業、大手外資系金融企業・ゴールドマン・サックス証券の超エリートサラリーマンなどなどいろんな情報が飛び交った。高校の同窓生というニュースも流れた。

石原さんも事務所もそれらの報道について否定も肯定もしていないから、あくまでも噂の域は出ていない。で、二人の関係から、オレは石原さんの入籍日は11月18日と予想していた。

出演しているテレビでも、ラジオでもそう伝えてきた。なぜなら、二人が婚約を発表した日が10月1日。二人にとっては記念すべき日。そして、11月18日も記念すべき日なのだ。

入籍の発表も、かなり遅れてからするとも話してきた。1月3日に事務所が、石原さんの新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』(テレビ東京系)のオンライン会見で事務所が発表した。

ここまで遅くなるとは思えなかったが、縁起のいい新春に発表することを事務所は考えていたのだろう。でも、それ以上に入籍日を知られたくなかったんじゃないかと勘ぐってしまう。

コロナでテレワークが続いている彼の仕事ぶりを間近に見ていた石原さんは、

「後輩への教え方も丁寧で、歴史上の人物や経営者など自分が感銘を受けた人の言葉を交えながら、相手が楽しく仕事ができるように指導している彼の様子が新鮮に映ったそうです」

と、事務所スタッフにノロケまくりだった。「第27回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを取ったのは‘02年。15歳だった少女は、幸せいっぱいで34歳の春を迎えた。

  • 取材・文石川敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、ラジオは福井放送、ラジオ関西、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • PHOTO香川貴宏

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事