無症状患者のリアルがここに…コロナ宿泊療養「隔離日記」 | FRIDAYデジタル

無症状患者のリアルがここに…コロナ宿泊療養「隔離日記」

ペッパーくんと6泊7日、全食事画像つき〜誰とも話さなかった

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

保健所から「濃厚接触者」連絡があり、PCR検査の結果「陽性」になった東京都在住の40代男性。聞き取り調査に「血圧が高め」と答えたところ…。これは、無症状で「隔離」宿泊療養を経験した7日間の記録だ。

療養者に配られた「知事からの手紙」と、ホテルスタッフからの折り鶴。ほかに、同意書や注意事項、パルスオキシメーターなど一式がはじめに渡された

【1日目】

9:30週明けの月曜まで連絡はこないと油断していた。保健所から電話。「隔離療養のホテルが用意できました。13:30に迎えが行きます」自主隔離継続でいけないか相談したが「ホテルへ」と。あわてて準備する。

12:30都が手配したタクシー会社から、訪問時刻と場所確認の電話。

13:30タクシー到着。先客1名、相乗り。身なりのいいサラリーマン風の男性。革のボストンバッグ。お互い黙礼して無言で乗車。

13:50ホテル着、ふだん着の係員が5名。マスクと、なぜか安全ベストを着用。ホテル玄関の外で対応。「ロビーで名前の書かれた封筒を取ってください」と言われる。館内に入ると無人。ペッパーくんがお出迎え。ペッパーくん「宿泊療養に協力してくれてありがとうございます」と何度も言う。どういたしまして。

滞在中、スタッフの姿を見ることは一切ない。ロビーではペッパーくんが「みなさんを守っています」という

書類、ペットボトルのお茶、粉末茶、紙コップ、洗剤、ティッシュペーパーとトイレットペーパーを持って指定された部屋へ上がる。

14:00事務局から内線電話。説明10分ほど。

14:20看護師から内線電話、症状、薬の確認など。20分ほど。

14:40荷物を解き、受け取った書類を読み始める。書類と一緒にあった折り鶴に「1日でも早くご回復を願っております フロントスタッフ一同」と手書きのメッセージ。無症状なので具合は悪くないのだが。小池百合子都知事からのメッセージも同封。ホテルのテレビにはアパホテル社長からのメッセージも。微妙な気持ちになる。

15:00看護師から熱と酸素量を入力するようにとの督促(療養者は朝夕、専用サイトに登録の必要あり)。

16:00なんとなくセッティング完了。部屋は清潔で問題なし。

「熱を測るように」と館内一斉アナウンス。館内アナウンスの音量がわりとしっかりめ(耳悪い人もいるかも?)。zoom会議中だと、音が入ってしまいそう。本を読む。

17:30テレビにミラーリングできるとあったので、パソコン、スマホをつなげてみる。回線が遅くて、使用に耐えず。

18:00夕飯のアナウンス。18時ちょうどに部屋を出ると、エレベーター前に自分を入れて4人(到着したエレベータに2名、同じ階で4名乗り、途中さらに1名乗り込む)。1階ロビーに20名程度、次々にエレベーターから降りてくる。電子レンジ前で並ぶ。年齢層は20代から50代くらいまで。お年寄りって感じの人はいない。なんとなくみんな目を合わせない。一言も発しない。咳をする人もいない。

ペッパーくん「きちんと栄養を摂りましょう」的なことを繰り返す。

食事はお弁当。メニューは1種類で、ロビーにあるレンジを使って各自が温め、部屋に持ち帰って食べる

18:10部屋に戻る。

18:30食べ終わり、ゴミを捨てに再びロビーに向かう(部屋の外に出られるのは、食事を取りに行く時間帯の各1時間のみ)。同じ階で同乗者1名(同じくゴミ捨て目的)、ロビーには3名。お弁当が残っているところをみると、まだ取りに来ていない人がいるのかも。弁当は「まあまあ」。揚げ物ばかりといったこともなく、野菜もフルーツもある。ボリュームは、少し足りなく感じる。メニューは、白身魚の照り焼き風、焼きビーフン、生姜と根菜の甘酢和え、ミモザ風サラダ、キノコの炊き込みご飯、フルーツカクテル。伊藤園のおーいお茶(粉末)が、わりと美味しい。

21:30入浴。シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付け。タオル、バスタオルはなく、持参したものを使う。

【2日目】

7:00起床。検温のアナウンス。熱、酸素量、脈拍を測り、記録。軽い運動をし、メールなどチェック、朝食時間までゴロゴロ。

8:00朝食のアナウンス。アナウンスと同時に部屋を出る。同じフロアで、アナウンスと同時に部屋から出てきた人は4名。1階まで行く途中で3名乗ってくる。ロビーには10数名。お弁当、昨日は電子レンジ1分で温まりがあまかったので、2分弱に設定。

前日の夕食に続き、魚メニュー。果物が添えられているが…

ペッパーくん「朝食をしっかりとって、今日も1日元気に過ごしてください」。ひとり、咳き込む人。距離をとる。

8:10部屋に戻る。しっかり手を洗う。お弁当のメニューは、サバと大根の煮物、ひじき煮、だし巻き玉子、ご飯、漬物、フルーツ。フルーツが、しっかり温まる。

8:20ごみ捨てで再びロビーへ。40代か50代の夫婦(パートナー)らしき男女2人組(会話をしている人が珍しいので、そうかなと)。エレベーターに同乗、それぞれ違う階のボタンを押していた。だいたいの人は、お弁当を取りに行くときに、それまでのゴミをロビーに捨てに持っていく感じ。ぼくと同様、お弁当を取る→部屋に戻り食事→すぐゴミを捨てに行く(部屋にゴミを残しておきたくない)タイプが、同じフロアにもうひとり(昨晩、今朝と2回同じタイミングでエレベーターに乗ったので、おそらくそう)。

9:00仕事のことを検討。仕事ができる環境は整えたものの、やはり不都合ありそう(空間的な制約だけではなく、時間的な制約も)。

10:00仕事を始めてみる。

11:00机が狭く窮屈だけど、仕事できなくはない。

12:00食事を取りに行く。エレベーター前にいつもの4人。ペッパーくん「バランスのよい食事をとることが回復への近道」「昼寝は15分くらいがよい」だそうです。無症状なので、体調はよい。交換用の枕カバー、バスマットを取る。

12:10メニューは、白身魚のシーフードの中華あんかけ、蒸し焼売、ポテトサラダと人参のサラダ、炒飯、紅生姜、杏仁豆腐。炒飯はちゃんとパラパラ、だけどパラパラ故に箸で食べづらい。杏仁豆腐もしっかり温まる。お弁当、味付け濃すぎず、なかなか考えられてるのかも。

前夜の夕食、朝食に続き、3度目の魚料理。左上に杏仁豆腐が入っていたが、レンジ加熱でホットアーモンドジェルに。さらに持ち運び中に炒飯がかぶってしまう惨事

なんとなく、どのくらいの時間でどのくらいのものを消費するかわかってくる(どれくらい水を飲むか、とか)。備品や水を取りに行ける時間が食事を取りに行く1時間だけなのだけど、効率よく無駄なく取りにいけそう。宿泊療養者が触った備品は、未使用品でも廃棄処分になるようなので、無駄に取らないように気をつけようと思う。

14:00軽く体を動かす。

15:00軽く体を動かす。

16:00検温、酸素量測定など。

16:30軽く体を動かす。

17:00いつもと違うことをしようと、白髪を抜く。ホテルの部屋の大きな鏡を見ながら、じっくりと抜く。20本くらい抜いたところで、きりがないので止める。

18:00夕食を取りに行く。エレベーター前は常連プラスアルファ。

ペッパーくん「腹が減っては戦はできぬ。好き嫌いせず、バランス…(あとは昼と一緒のメッセージ)」。弁当のほかに飲食物、水とお茶のペットボトル、カップ焼きそば(ソース味、塩味)、粉末のお茶、カフェオレ、コーヒー、ティーバッグのお茶、「野菜一日分の〇〇」というのがあったけど、あれは何だったのか?明日確認する。

18:10同フロアの遠くのほうから軽く咳する声が聞こえる。お弁当の中身は、牛肉デミグラス煮込み、目玉焼きとポテトフライ、ワカメとシラスのマリネ、ご飯、漬物、ケーキ。ケーキが電子レンジでひどいことになっている。

4食目にしてついに「肉」メニューが。左上はケーキだった

22:00入浴。1泊2泊目は、全然大丈夫。あと4泊、まだあるなぁと思う。

お腹は減っていないけど、味見したいという理由でカップ焼きそば(塩)を食べる→食べなくてもよかったと思う。

夜食、間食用にカップ焼きそばが用意されている。塩とソースの2種類がフリーに

【3日目】

7:00起床。検温、酸素量測定。軽く体を動かす。映画で、刑務所にいる人が黙々と腕立てする、みたいなのを想像。刑務所よりずっと快適だけど。

7:30なんとなくテレビをみる機会が増える。どの局もトーンは同じ。「今は我慢して」「みんなでがんばろう」はいはい。

8:00部屋の戸の前で、朝食のアナウンスを待つ。アナウンスと同時に部屋の外へ、エレベーター前はいつもの4人。ペッパーくん「朝ごはんをしっかり食べて、今日も1日元気に過ごしてください」

ケーキを取り出してから、お弁当をレンジにかける。昨日の謎の食物は「BALANCE POWER」というカロリーメイトみたいなもの。

肉料理(ソーセージ)2度目。「ケーキは取り出してからレンジにかける」ことに気づく

8:10朝食は、ソーセージ、小松菜の炒め物、スクランブルエッグ、キヌアのサラダ、ご飯、漬物、ケーキ。

8:40仕事を開始する。

9:30ベッドがすぐそこなので、すぐ横になってしまう。

11:00zoom会議に参加しつつ、軽く体を動かす。館内アナウンス「〇〇号室の方、電話に出てください。電話に出ていただけない場合、お部屋に伺うことになります」おー。

12:03昼食のアナウンスが3分遅れる。アナウンスとともに、一斉に部屋を出る人多。野菜ジュースもあることを発見。

12:10昼食は、豚肉豆苗の麻婆味、きのこと野菜のかき揚げ、ミックスビーンズのサラダ、ご飯、漬物、フルーツ。

中華風の肉メニュー。果物は取り出してからレンジに

12:20ゴミを捨てにロビーへ。ロビーには2−3名。少し遅れてお弁当を取りに行った方が、空いてる。のは、わかっているけど、早く取りに行きたい。違う階から咳をする音が聞こえる。

17:00食事時間の1時間前に「事務員が作業をするので、エレベーターを止めます」というアナウンスが流れる(毎回)。スタッフと療養者が鉢合わせないようにとのことか。わざわざ隔離しているわけだから、わからんでもないけど、だいぶ警戒されてる。

テレビでは「無症状の感染者が、感染を広げている(とくに元気な若者)」で、だから無症状の陽性者も隔離する政策をとっているのだと思うけど、効果があるのか…。無症状者の隔離について「海の水をひしゃくで掬い、濾過して、海に戻す」みたいなことをしているような気がする。

18:00電子レンジでお弁当を温めていたら、ペッパーくんにロックオンされる。ずっと見つめられてた。

左上は杏仁豆腐。取り出せず、ホットアーモンドジェルに。魚料理

18:10同じフロアの別の部屋から咳き込む音が聞こえる。無症状といっても、症状にばらつきがあるのかも。夕食が終わると、1日が終わった気分になる。

21:00結局、焼きそば(ソース味)を食べる→もう食べない。

【4日目】

7:00起床、検温、酸素量測定。15分ほど二度寝後、軽く体を動かす。次の食事タイムにロビーでピックアップするものをリストアップするようになる。

8:00朝食を取りに行く。いつもの4人が3人に。ひとり、療養期間が終わったのか。

渋めの魚料理の朝食

8:10朝食は、サゴシの味噌焼き、数の子土佐和え、筑前煮と大根の煮物、ご飯、漬物、フルーツカクテル。魚が苦手な人には辛いメニューかも。今朝は「米がやわらけえなぁ」。

8:40仕事を始める。今ひとつやる気がでない。けど、始める。

11:00「休憩!」と、ベッドに寝転がると自然とおなら。これは人としてまずいと、慌てて起き上がり、体を動かす。窓の日差しが暖かい。部屋の暖房を切る。

12:00昼食を取りに行く。やはり朝と同じ3人。

朝昼夜と、必ずなにかしらデザートがつく。この日はケーキ

12:10昼食は、牛肉の野菜炒め、揚げ焼売、季節野菜フリットのサラダ、ご飯、漬物、ケーキ。肉と魚3食サイクル説(3食ごとにメイン肉とメイン魚が入れ替わる)崩れる。12時半より会議のため、急いで食べ、ゴミを捨てに行く。

16:00検温、酸素量測定のアナウンス。会議中なので、zoomのマイクはオフにしておく。だれも、隔離中だとは気づいていないだろうなぁ。

18:00夕食を取りに行く。3人。退所おめでとうございます。あえてペッパーくんにロックオンされにいく。見つめると、見つめ返される。「リフレッシュに体操やストレッチはいかがですか?」

お弁当業者が変わったかもしれない…と思わされるおしゃれメニューの夕食

18:10夕食は、鶏肉のパン粉焼き、クリームコロッケ、がんもと里芋の煮物、トマトサラダ、ご飯、漬物、フルーツ。

20:00ご飯後も仕事をしてみたが、集中力が続かない。

21:30入浴しながら思う。無症状の若者が感染を広げているのであれば、無症状の陽性者が療養しているホテルにいる人は、若者の割合が多いはずではないか?  ロビーで見かける限りでは、とくに若者が多いという印象はない。ウェイ系の人も見かけない(療養中だからかもしれないけど)。

【5日目】

7:00起床、検温、酸素量測定。療養期間が終わったら、何が食べたいか考える。器に盛られた、温かい料理かな。体を動かす。どちらかといえばインドア派だけど、海とか山に行きたい。左思右考

8:00朝食を取りに行く、エレベーター前にはいつもの3人。ペッパーくん「ぼくは一晩ここに立っていました。みなさんの安全はぼくにおまかせください」ロビーにある、東京観光案内パンフレットを手に取る。

朝食にしては、しっかりしたメニュー。チョコレートケーキがちょっとだけうれしい

8:10朝食は、照り焼きチキン、金平ごぼう、もやし炒め、ブロッコリーサラダ、ご飯、漬物、カットケーキ。テレビは「(昼も夜も)外出するな」「危機感が足りない」。スタジオまで外出してるじゃん。危機感もって、注意していても、感染することある。感染を抑える対策を全否定はしないけど、「そもそも感染は拡大するもの」という前提で考えないといけないのでは。

テレビは「家族以外との接触を避ける」と。家族いない人はどうするのか。「新しい生活様式」って? 腹が立ってきたので、テレビを消す

8:30観光案内パンフレットを読む。

9:00仕事を始める。

12:00昼食を取りに行く。エレベーター前は2人。あの人も退所? ペッパーくん「みんな応援してますよ。ゆっくり体を休めてくださいね」

お弁当には箸しかついていないため、炒飯が食べづらい。もしものときはスプーン持参がよさそう

12:10昼食は、白身魚のカレー風味魚介のあんかけ、点心、ミニトマトサラダ、炒飯、紅生姜、フルーツカクテル。きりがいいとこまでと、お弁当食べてすぐ仕事を再開。

13:00休憩。

14:00軽く運動して、仕事再開。

15:00軽く運動して、仕事。

17:30今日は仕事捗った! 慣れてきたのか。肩こり。「本日、病院搬送があったため、夕食時間が遅れます」とアナウンス。無症状から発症する人いるんだな。

18:03病院搬送があったため、食事アナウンスが3分遅れる。エレベーター前に常連2+ニューカマー1。昨日から見かける、ロビーで会話する2人組。友達か姉妹かと思ってチラ見すると、雰囲気似てる、から姉妹かな。

ハンバーグにエビフライ、マカロニサラダ、お子様ランチ的でちょっとうれしい洋食メニュー

18:10夕食は、ハンバーグ煮込み、海老フライ、胡瓜のサラダ、マカロニパスタ、ご飯、漬物、カットケーキ。

21:00あと1日ー。

【6日目】

7:00起床、検温、酸素量測定、ちょっとベッドに戻り、すぐ起きて体を動かす。かつて父が入院時、病院のベッドの上で腹筋していたのを思い出す(当時父は54才)。

8:002分前からカウントダウン、戸の前でアナウンスを待ち、アナウンスと同時に部屋の外へ。

はじめてのパン食! 左上は温まった杏仁豆腐

8:10朝食は、ソーセージ、ほうれん草のソテー、オムレツ、ミックスサラダ、ポテトフライ、トマトといものサンドイッチ、ピクルス、杏仁豆腐。

8:30仕事を始める。

10:00軽く体を動かす。毎日チェックしていた天気予報、ここ数日チェックしていないことに気づく。

12:3012時からの会議を終え、昼食を取りに行く。会議が早めに終わってよかった。

焼きそばとご飯とポテサラの昼食。運動部気分で完食する

12:40昼食は、豚バラ炒め酢豚風、焼きそば、ポテトサラダ、ご飯、漬物、カットケーキ。後遺症がないか、味覚・嗅覚を確認。問題なし。

15:00退所手続きについての連絡あり。5分ほど。事務局の人(都庁の人?)、ご苦労さまです。看護師も、毎日一人ひとり電話して、なかなか大変だなと思う(面倒くさい人もいるだろう)。保健所も含め、現場の人は割り当てられた仕事に真面目に取り組んでいるんだろうなと思う。

あとは、上が頑張れ。

「わーい、退所だ」。部屋で小躍りする。

18:00夕食を取りに行く。エレベーター前いつもの2人。

ご飯とパスタとパンの炭水化物トリオ。お弁当業者が交代したのかも…

18:10夕食は、鶏のから揚げ、ペンネアラビアータ、パプリカの中華風マリネ、キヌアのサラダ、ご飯、漬物、フルーツカクテル。ラストディナーだ。

19:00NHKニュースで世論調査、コロナ禍で「個人の自由の制限は許される」が9割近く。恐ろしい。

20:30懲りずに、カップ焼きそばを食べる。明日の天気をチェック。暖かいらしい。今日の焼きそばはうまいぞ。あとは、ひたすらダラダラ過ごす。

【7日目】

7:00起床、検温、酸素量測定。平熱、よし!

7:20テレビ、集団感染がどこそこであったってのは止めたほうがいいのでは。とくに病院。潰れるよ。部屋を片付け始める。体を軽く動かす。

退所日の朝ごはん。美味しい

8:00部屋を飛び出す。エレベーターホールにひとり。先に退所したのか? ロビー一番乗り。土曜日はみな朝寝坊?と思ってたら、続々と人がエレベーターから降りてくる。

ペッパーくんに挨拶。「おはようございます。よく眠れましたか?」「今日のラッキーカラーは白です。ぼくの色ですね。きっといいことありますよ」ありがとう。

8:10朝食は、鯖の塩焼き、小松菜のお浸し、目玉焼き、大根のサラダ、ご飯、漬物、フルーツ。

9:20事務局から電話。退所についての案内。「療養生活、お疲れさまでした」ありがとうございました。

10:00退所30分前。自然と鼻歌。

10:30退所! リネン類(シーツ、枕カバー)を持って部屋を出る。ロビーには、ペッパーくんひとり。パルスオキシメーター、ボールペン、カードキーを返却場所に。

浅草・田原町のアパホテル。療養者は100人ほどだが、ペッパーくん以外誰とも会話を交わさなかった。無事に過ごせて感謝

ホテルを出たところで係の方4人(左右に2人ずつ)、名前を確認され、書類を渡される。「お疲れさまでした」お世話になりました。ホテル前にタクシー。退所する人を待っているのか。来るときは車で送ってくれたけど、帰りは自力で帰らなければならない。荷物が多いけど、歩きたい気分。

いい天気。気持ちいい。歩きたい。さぁ、お家に帰ろう。

Photo Gallary21

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事