滝沢氏も苦悩「ジャニーズJr.22歳定年制」懸念はメソッド流出

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ジャニー喜多川氏の意志を継ぐ滝沢副社長。今後は経営者としての手腕が問われる

ジャニーズJr.の年齢制限が波紋を広げている。

ジャニーズ事務所は1月16日、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを公式サイトで発表し話題になっている。新ルールは、

《満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします》

としている。新ルールは‘23年3月31日から適用される。

現在在籍するJr.の人数は東西合わせて200人超。Jr.内の競争力を高める狙いと、一般社会の大学卒業に当たる22歳で線を引くことで、人生をもう1度見つめ直す機会を設ける狙いがある。

ここ数年、Jr.による不祥事が相次いだことも大きいのだろう。一昨年9月にはジャニーズJr.内の5人組グループ「HiHi Jets」の橋本涼と作間龍斗の“ベッド写真”が流出。同じくJr.の秋山大河は女優の神田沙也加との「不倫疑惑」が報じられた。

また、昨年10月には「宇宙Six」山本亮太の“闇カジノ通い”も報じられ、昨夏にはガス点検を装ったアポ電強盗事件で、元ジャニーズJr.の男を逮捕。警察の調べに男は「現在無職」と答えていた。

「Jr.の育成を担当する滝沢秀明副社長にとって、元Jr.の逮捕は衝撃的だった。顔も名前もはっきり覚えている相手だったからね。ジャニーズに入ったことで『人生を暗転させたのではないか』と、思い悩む日々を送っていたそうだ」(芸能プロ関係者)

新ルールは言わば、デビューを目指すストリートミュージシャンに「もうやめときなさいよ」と“肩叩き”するようなもの。だが、それでも“諦められない”人は大勢出てくる。

「実は今回の新ルールを興味深く見ているのが、他の芸能プロダクションなんです。ジャニーズ事務所の新人発掘力、Jr.の育成力は他の追随を許しません。Jr.を放出することで、そうした『ジャニーズメソッド』が外部に流出する恐れがあります」(音楽関係者)

すでに成功例もある。一昨年までジャニーズで「Love-tune」として活動していたタレントの安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央から成る7人組ユニット「7ORDER」が、1月13日にファーストアルバム「ONE」でメジャーデビュー。発売当日にいきなり日本武道館で単独ライブを敢行した。前出音楽関係者の話。

「メジャーデビューアルバムは全てがセルフプロデュース。シングルとしてリリースされた『Sabaoflower』『GIRL』は即完売だった。コロナ禍で武道館ライブは動員をキャパシティ半分以下の4400に押さえたが、上々の滑り出し。ジャニーズ時代のファンはもとより、クチコミで新規ファンの獲得にも成功している。所属レーベルの社員は『さすがジャニーズ。素材が違う』と感心していました」

こうした第2の「7ORDER」が続々と現れる可能性は否定できない。スポーツ紙記者は、

「ジャニーズにしてみれば“昨日の友は今日の敵”状態になる。各局歌番組は“忖度”して元ジャニグループは扱わないかもしれないが、SNS社会となった現代では大きなハンデにはならない。出ていったJr.が別事務所で活躍し、最終的にジャニーズの強力なライバルになるケースは出てくると思う」

ネット上で好意的に伝えられるJr.の「22歳定年制度」だが、ジャニーズ事務所にとっては諸刃の剣にもなりかねない――。

  • PHOTO西圭介

Photo Gallary1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事