”不倫デート”報道でNHK桑子真帆アナが直面する「重大危機」 | FRIDAYデジタル

”不倫デート”報道でNHK桑子真帆アナが直面する「重大危機」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
『おはよう日本』に出演するため平日は朝3時に出勤する桑子真帆アナ。多忙な仕事の合間を縫って小澤との逢瀬を楽しんでいる

昨年の大晦日に3回目となる紅白歌合戦の総合司会を務めたNHKの桑子真帆アナウンサーに衝撃報道だ。

1月19日発売の「FLASH」が、9年間肉体関係のみ、いわゆる“セフレ”だったという男性が「突然捨てられた」ことを独白。さらに大学時代からその男性以外にも複数の男性と交際したり、友人の彼氏と浮気していた…と証言しているのだ。

お互い公認で浮気するデートのことを“不倫デート”と呼んでいたらしく、まさにそう手書きで書かれたプリクラなども掲載された。

桑子といえば紅白の翌日である元旦に、交際中の小澤征悦と「年内にも結婚」という報道があった。お互いの親にも紹介を済ませており公認の付き合いということだ。

「小澤さんもかつて杏さんや滝川クリステルさんらと浮名を流した、芸能界きってのモテ男ですが、まさか桑子さんもそんなに奔放な過去があったとは。‘17年にはフジテレビの谷岡慎一さんと結婚しましたが、’18年にスピード離婚。当時谷岡サイドが訴訟を辞さないほど揉めたという報道もあったので、桑子さんになんらかの非があるのではないかと言われていました」(スポーツ紙記者)

男性の証言等が事実であれば、過去のこととはいえ、公共放送の看板アナの“不倫デート”と書かれたプリクラが流出したことにより、NHKの心中は穏やかでないだろう。

「NHKでは局員はもちろんのこと、外部の制作スタッフでさえ普段から生活態度に気をつけるように言われることがあります。“NHKで働いているんだからマナーを守り礼節を持って生活してください”と。

なぜならNHKに関連する人間が不祥事を起こすと、そのニュースを鬼の首を獲ったかのようにかかげ、“だから受信料を払わない”とゴネる人達がいるからです。ただでさえ受信料の一律徴収に国民から不満が噴出しているのでNHKはなるべく波風を立てたくないと、常に考えているんです」(テレビ局関係者)

女子アナというのはNHKに限らずイメージが悪くなると番組から外されたり、人事異動でアナウンス部以外に飛ばされたりということが過去にもあった。

’06年、当時フリーアナだった山本モナが政治家と不倫が報じられ、報道番組を降板。さらに’08年にも野球選手との不倫報道で担当する情報番組を降板のうえ、無期限の活動自粛となり、そこから表舞台に姿を見せることはほとんどなくなった。

’18年にはフジテレビの秋元優里アナが既婚者のプロデューサーとのW不倫が報じられた。しかも竹林の車内で密会しているところを激写され“竹林不倫”という不名誉な称号を手に入れた。

秋元は生田斗真の弟である生田竜聖アナとその後に離婚。さらに秋元アナはアナウンス部から他部署へ異動となり、お茶の間に姿を見せることはなくなった。

「実は女子アナというのは、意外に男関係に奔放な人が多い。仕事の緊張感などのストレスで追い詰められることが多く、そんな時に同僚や知人にふと優しくされるとコロっといってしまうのかもしれません。

なかには制作フロアのほとんどの男性と関係を持ったといわれるほどの伝説の女子アナも知っています」(前出・テレビ局関係者)

ネット上では桑子アナを擁護する声が多いようだが、はたしてNHKはこの報道にどう反応し、看板アナに処分を下すことがあるのだろうか。また、恋人・小澤征悦との関係にどう影響するのだろうか…。

  • PHOTO西 圭介

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事